和歌山市立 加太中学校

出前授業のお知らせ【9月30日(水)】

読み聞かせの会場です。

あさっての、10月2日(金)の午後(5・6限目)、本校の活動室にて、ゲストティーチャーが来校され出前授業が開催されます。当日のゲストティーチャーは、絵本を通して多くの方々に命の尊さを伝えている絵本作家、夢ら丘実果(むらおか・みか)先生です。先生は、全国の小学校・中学校・高等学校など700カ所以上で絵本の読み聞かせをされていて、今回、和歌山県での講演として本校に来て頂けることとなりました。どのようなお話を聞けるか本当に楽しみです。

絵本作家の方から直接お話を聞ける貴重な機会です。

県立高校入試の出題範囲について【9月30日(水)】

新型コロナウイルス感染症の影響に係る令和3年度和歌山県立高等学校入学者選抜の学力検査の範囲及び対応について(お知らせ)

本日3年生の実力テストが行われていますが、入試に関連した標記の件についてお知らせいたします。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月から3ヶ月間の長期にわたり臨時休校となりました。授業が当初の教育計画どおり実施できなかったことから、高校入試の出題範囲がどうなるのか大変心配していました。先日、新聞にも掲載されたように、和歌山県は出題範囲の削減はなく例年通りの出題と決定いたしましたのでお知らせいたします。
本校では、休校期間中にはオンライン授業を実施するとともに、6月から4ヶ月間にわたり7限授業を行った結果、現在例年と同じ進度まで学習を終えています。そのため、明日10月1日(木)からは、通常の6限授業に戻すことになりますので合わせてお知らせいたします。暑い中、生徒と先生がともに頑張ってきた成果だと思っています。

入学者選抜実施要項

本日、第2回実力テスト(3年生)【9月30日(水)】

1限の国語の問題に真剣に取り組んでいます。

本日は、3年生対象の第2回実力テストです。国語・社会・数学・理科・英語の5教科について、公立高校入試当日と同じ時間割で、同じ制限時間(50分)で実施されています。先週は修学旅行でしたが、3年生の皆さんは気持ちを切り替え、全力で問題に取り組んでいます。頑張れ3年生!

修学旅行の感想文を紹介します【9月29日(火)】

修学旅行に参加した、3年生6名が一泊二日の旅を振り返り、感想文を書きました。その一部を抜粋し紹介いたします。

カヌー体験のスタートです。

「『カヌー体験』は、今までに経験はなく、あまり楽しいとは思っていませんでした。しかし、実際体験してみるととても楽しかったです。カヌーのオールで水をかけ合ったりし、普段体験出来ないことが出来て良かったです。」

息を合わせてジャンプ

「コロナウイルス感染症拡大で、東京に行けなかったのは残念だったけど、南紀への修学旅行はとても楽しかったです。忘れられない修学旅行となりました。」

那智の滝の迫力に圧倒されました。

「那智の滝が凄かったのは忘れないと思う。カヌーも雨が降らずに出来て良かったです。一泊二日の旅で短かったけど、色々なところに行って、体験出来て良かったです。」

飛び込み岩が見えました

「カヌーがとても楽しかったです。また、古座川の水がとてもきれいで冷たかったです。アドベンチャーのイルカショーは、凄い迫力でした。」

イルカたちの演技に驚きました。

「カヌー体験は、最初は凄く怖くて速くは漕げなかったけど、最後の方は慣れて、水をかけ合ったりして、笑顔で楽しむことが出来ました。普段見ることや体験出来ない事をたくさん体験出来て、内容の濃い2日間になりました。9年間一緒に過ごしてきた仲間だから、笑い合って楽しむ事が出来たと思います。この2日間を通して、仲間は大切だと心の底から思いました。」

パンダはずっと笹を食べていました。

「例年と違って、一日短い修学旅行でしたが、それ以上の楽しい時間を過ごすことが出来て、一生の思い出となりました。カヌー体験では、水が冷たくて、初めはとても抵抗がありましたが、徐々に慣れていき楽しい気持ちになりました。潮岬では、加太の磯と違って、岩が多く荒い潮の迫力に目を奪われました。」

夫婦杉は大きかったです。熊野古道の歴史を感じました。

一時期、今年度の修学旅行の実施は難しいのではないかという状況でした。しかし、県内でなんとか実施する事が出来ました。そして、本日、生徒の皆さんの感想を読ませてもらい、大変嬉しい気持ちになりました。中学校生活の思い出の1ページが出来て本当に良かったです。9年間一緒に過ごしてきた仲間をこれからも大切にして欲しいですね。

昼休みの長机卓球【9月29日(火)】

実習生の古川先生に挑戦しています。
池上先生は、審判をしてくれているようです。

本校での昼休みは、読書コーナーで読書をする人、将棋をする人、友達とおしゃべりをして過ごす人、次の授業の準備をしている人、職員室前で先生とお話をしている人など様々です。最近、一番人気があるのは、長机にコンパネを置いた手作りの卓球台でピンポンをすることのようです。本日も教育実習生の先生と、ピンポンを楽しんでいました。毎日やっている1年生男子は、すごく上達してきました。

このように校長室前のローカは大変賑やかで、活気がありいいものです。

修学旅行の集合写真掲示【9月29日(火)】

職員室前に掲示した写真
写真の説明をしています

修学旅行では、多くの写真を撮影いたしました。その中で、全員で撮影した集合写真を、職員室出入り口前に、観光パンフレットの地図と一緒に掲示いたしました。3年生の皆さんは、欲しいと思う写真を申し込んでください。1・2年生の皆さんも、地図と見比べて、3年生の先輩達がどこに行ってきたのかを研究してみて下さい。詳しい様子は、11月の「ミニ学習発表会」でパワーポイントを使って報告してくれます。

観光パンフレットを掲示しています
観光した場所を、付箋で示しています。
先生方も熱心に見ています。

教育実習の先生による道徳の授業【9月29日(火)】

古川先生の道徳の授業(3年生 )

9月7日(月)から10月2日(金)までの4週間の予定で、池上先生、古川先生のお二人の教育実習の先生が来られています。本校にもすっかり馴染み、様々な教育活動にも積極的に取り組み、多くの事を学んでくれています。本日は、事前に教材研究をして、道徳の授業を行いました。1年生も3年生も、集中して授業に取り組み、しっかりと学習していました。教育実習期間も早いもので、本日を含め4日間となってしまいました。生徒たちも、多くのことを学んだのではないかと思います。

池上先生の道徳の授業(1年生)

朝の挨拶運動【9月29日(火)】

正門での挨拶運動

本校の生徒会活動の一つとして、『朝の挨拶運動』が、長年実施されています。登校する生徒の人数は減少し、少し寂しいのですが、地域の方々や、観光客の方にも、元気に挨拶をしています。挨拶に対して、多くの方が笑顔で挨拶を返していただけるのが、生徒たちのやりがいになっています。今後も、元気な挨拶を継続し、明るいまちづくりに貢献したいと思います。

このページのトップに戻る