和歌山市立 川永小学校

沿革史

明治 8年     川邊尋常小学校を創立
   11年     永穂小学校を創立
明治26年     川邊小学校を開校
大正 5年     川邊・永穂の両尋常小学校が合併し、川永尋常小学校を創立
            楠本の南の口の楠神社の跡地に新築
大正15年     運動場の拡張
昭和16年     国民学校と改称
   30年     校舎新築
   41年     校歌選定
   43年     プール竣工式
   46年     鉄筋校舎竣工式
            運動場拡張工事完了
   48年     新校舎完成し、移転
   49年     新校舎完成、校地拡張造成工事、校門前道路拡張工事
   52年     南校舎、12教室完成
   54年     屋内体育館竣工式
   55年     第5次校舎増築竣工式
   58年     玄関前の舗装工事完成
   59年     集中下足場完成   給食リフト完成
   63年     飼育観察用の小鳥小屋完成
平成 6年     PC10台設置・運動場西側フェンスおよび西門完成
    8年     スクールドリームプラン実施
   14年     玄関渡り廊下完成
   17年     生涯学習室完成・130周年集会を行う
   18年     校舎耐震工事完了
   19年     防災無線工事完了
   20年     プール機械室濾過装置付け替え・文部科学省委託事業
           「子どもの健康を守る地域専門総合連携モデル地域」の研究に取り組む
   21年    読書活動推進優秀校 文部科学大臣表彰

このページのトップに戻る