和歌山市立 加太中学校

葛城修験道日本遺産記念式典参加(6月19日)

「葛城修験」が令和2年度「日本遺産」に認定されました。加太の阿字ケ峰(あじがみね)行者堂で日本遺産認定の記念式典に本校3年生6名が参加しました。

自然の中で厳しい修行をおこない悟りを得るという日本独特の修験道、その開祖の役行者が最初に修行した地が「葛城修験」の地とされています。この地は、世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部である奈良の大峰山と対をなし、古くから最も重要な行場とされてきました。

和泉山脈から葛城・金剛山系にかけて、法華経が埋納されたという28の経塚を巡る「葛城修験」の第1番目の経塚があるのが、加太の友ヶ島です。加太では友ヶ島にわたる修験者の姿が風物詩となってお り、修験者を迎える文化が息づいています。

第3回目 Webシステムによるフランスとの交流会

その後も交流が続きWeb会議による交流会を5月7日、5月19日、6月2日と開催しています。
この交流会は、今後も続きますので ホームページで紹介させていただきます。

授業再開(6月1日)

臨時休業が解除され、本日より授業が再開されました。

朝の1限の授業開始前に短時間ですが、全校集会(※全校21名)を持ちました。

全校集会では、「全校生徒が、力を合わせてこの困難を乗り越えましょう!」と学校長より話がありました。

生徒たちは、本格的に学校生活が始まることに大変うれしく思っているようでした。

また、養護教諭からは、感染防止のために「学校生活における諸注意」を行い、生徒たちは、真剣に聞いていました。

その後、1限の授業が開始され、 午前中の授業を受け、下校しました。

Web授業で和歌山放送が取材(5月26日)

コロナウィルスで休校中の現在、本校では、5月19日(火)から、和歌山市教育委員会が推奨するwebex授業(インターネットを通しての遠隔授業)を開始しています。

その内容を和歌山放送ラジオが、取材のため来校されました。

また、和歌山県教育委員会、和歌山市教育委員会の先生方も来られ授業の様子を見学してくれました。

授業の様子、生徒と先生のインタビューの放送日は

6月9日(火)和歌山放送ラジオ『教育の窓』18:30~18:45で放送されます。

野菜の苗植え(5月18日)

登校日を利用してJRC部による「野菜の苗植え」を短時間で1人1人間隔を空けて行いました。

野菜の種類は、トマト、ししとう、オクラです。

収穫が出来れば みんなで調理したいと思います。

令和2年度 入学式(4月9日)

コロナウィルス感染症拡大防止のため、扉・窓を開放し、座席の間隔を広げ、また、来賓の方々に参加をして頂くこともなく、縮小した形で入学式を執り行いました。式の様子は、テレビ和歌山が、取材に来られ、当日、放映されました。新入生は5名と加太中学校創立以来、最小の人数でしたが、5名の中学校生活にふさわしい式になったと思います。多くの方々から祝詞を頂き、   感謝申し上げます。

卒業式予行練習(お別れ集会)2月28日

2月27日の夕方に新型コロナウィルス感染症拡大防止のため3月2日から春休みまでの間、臨時休業という政府の方針にが決定され、それに伴い2月28日、体育館で校長より全生徒へ内容の説明を行いました。令和元年度の最後の日となるこの日に急遽、卒業証書授与式の予行練習を利用して「お別れ集会」を開催しました。先生と生徒だけの「お別れの 会」となりましたが、思い出深いものとなりました。3年生にとっては3年間を思い返す良い機会になったと思います。3年生の皆さんには今後の活躍を願っています。「卒業おめでとう!」

このページのトップに戻る