和歌山市立 大新小学校

1月12日 5年生 JA出前授業 (野菜栽培収穫)

家庭科 だいこんのみそしる汁とブロッコリーの塩ゆで

JAわかやまさんの協力で、ブロッコリーと大根の栽培体験をさせていただきました。

今日もJAわかやまさんにご協力いただき、栽培した野菜の調理体験をしました。


黄色い三角巾とエプロンの方が、JAの方です。

 

 

 

 

 

 

まずは、大根で味噌汁づくりです。


 

 

 

 

 

 

 

ブロッコリーをゆでます。


 

 

 

 

 

 

おいしそうにゆであがりました。


 

 

 

 

 

 

いただきま~す。いいえがお(*^_^*)です。

おいしそう!!


 

 

 

 

 

 

5年生みんなでいただきました。


 

 

 

 

 

 

 

野菜の栽培、収穫、調理と貴重な体験を子どもたちにさせていただき、

ありがとございました。

11月27日 学習参観

11月の授業参観

11月の参観内容です。

・食育

・読書

・道徳

・理科

・生活

・体育

とそれぞれの担任が、今、力を入れていることをテーマに授業を構成しています。

H29 11月授業参観掲示

 

 

1年生    教科名・単元名「食育・すくすく元気大作戦!」場所:1年1組教室

子どもたちが毎日楽しみにしている給食をテーマに、

食べものを『3つのなかま』に分けてそれぞれの働きを知り、

バランスよく食べられるようになるというめあてをもって学習しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年生  教科名・単元名「図工・紙ねん土のケーキ」場所:2年1組教室・生活室

粘土を「のばして、たたんで、絵の具をねりこんで」を繰り返し、カラー粘土を作りました。

そして、土台にいろいろな飾りを作ってデコレーションをしました。

お家の方も子どもたちといっしょに楽しんで作ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生   教科名・単元名「体育・プレルボール」場所:体育館

簡易版バレーボールのような競技「プレルボール」を学習しました。

3人一組になって、ワンバウンドさせたボールをチームでつないでプレーしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生   教科名・資料名「道徳・【資料】ぜったいひみつ」場所:4年1組教室

「ぜったいひみつ」という資料をもとに話し合いました。

「あなたなら、こんなときどうするのかな。」と悩み葛藤しながら友達と議論しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

5年生   教科名・単元名「国語科・この本読もう」場所:5年1組教室

読書に親しんでもらおうと、「少しでも空き時間があれば、本を読もう」と呼びかけています。

子どもたちといろいろなジャンルの本を楽しみ、本に対する興味関心をさらに抱かせたいという願いから、

ブックトーク形式で本の紹介を行いました。


 

 

 

 

 

 

 

6年生   教科名・単元名「理科・月と太陽」場所:理科室

子どもたちは、月を観察する中で、「同じ時刻に観察しているのに、形が違う」ことに気づきました。

「月の形が変わるのはどうしてか。」という問題を解決するために、「月の満ち欠けを確かめる実験」をしました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

人権講演会 「子どもの育ちと家庭教育」 本校スクールカウンセラー・臨床心理士 高橋 つぶら先生

高橋先生から、今の子どもが置かれている社会情勢やその中での子どもの思いについて、わかりやすくお話頂きました。

40名近くの保護者のみなさまにお集まりいただきました。

最後に、育成会長さんから、「子どもをもっと、ほめてあげたいです。」というお言葉を頂きました。

高橋先生は、月に1度本校に来てくださいます。

関心をもたれた方は、ぜひ、担任に一声おかけください。

 

 

 

和歌山市子ども暗唱大会(その2)

12月20日 なかよし集会で発表

12月9日(土)に開かれた和歌山市子ども暗唱大会で「最優秀賞」を受賞した5年生が、全校児童に群読を披露しました。

 

校内の掲示です。

集会での発表をみんな楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「平家物語 巻第七 倶利伽羅落」を

全校児童の前で、堂々と披露しました。

担任の先生からのお話

「練習は休憩時間だけ。毎日続けて一生懸命練習しました。

毎日続けることはとても大切なことですね。」

 

 


 

 

 

 

 

 

古典の群読なので、低学年の子どもたちには、難しい内容ですが、


みんな、真剣に聴き入っていました。

 

 

 

 

 

群読の後、校長先生からのお話

「難しいお話ですが、がんばって覚えましたね。

とても上手でしたね。

最優秀賞は、小学校で一番ということです。

みんなも来年群読に挑戦してみてくださいね。」

 

 

校長先生から賞状をいただきました。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年もまた、暗唱大会に取り組んでほしいですね。

12月9日(土) 和歌山市子ども暗唱大会 (その1)

 

子ども暗唱大会 最優秀賞(5年生 12名)

12月9日(土)和歌山ビッグ愛で開かれた「第12回和歌山市子ども暗唱大会」に5年生12名が群読の部で参加しました。

「和歌山市子ども暗唱大会」は、和歌山市の子どもの国語力の向上をめざして、毎年和歌山城南ロータリークラブ主催で行われています。

「平家物語 巻第七 倶利伽羅落(くりからおとし)」を

発表しました。

その結果、

見事、小学生の部で 最優秀賞に選ばれました。


 

 

講評では、中・高校生が発表するような古典の作品に一生懸命取り込んだことをほめていただきました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日、放課後一生懸命練習していました。


 

 

 

 

 

 

教室が、「狭い」と感じるほど、

大きな声で自信を持って、

みんなで息をあわせて、

群読をしていました。

よくがんばりましたね。(^_^)v

 

 

全校児童へのお披露目発表と表彰は、12月20日(水)なかよし集会で行います。

楽しみですね。

 

 

11月20日 南極教室(5・6年生)

南極教室

ハウスメーカー「ミサワホーム」さんが、南極教室の出前授業を行ってくれました。


昨年1年間、南極昭和基地で技術者として過ごされた

ミサワホーム社員の方から南極について教えていただきました。

 

 

 

 

 

南極の自然の様子や生活、服装などについて教えていただきました。


 

 

 

 

 

 

「南極の氷」も触れせていただきました。


 

 

 

 

 

 

ペンギンやアザラシの話。休日には釣りをして過ごした話。などスライドを用いて楽しく話いただきました。

子どもたちは、興味深々。

オーロラや白夜、極夜の映像も見せていただきました。

太陽が1日中沈まない「白夜」の一日の映像。

太陽がすぐに沈んでしまう「極夜」の1日の映像。

実際に、説明してくださった方が、カメラを回して撮影してくださったものでした。

 

氷で閉ざされた世界。危険とも隣合わせの中での体験談の中には、夢や希望がたくさん詰まっていました。

そして、いくつになっても得られる「友情」も、子どもたちの心に響きました。

素敵なお話をありがとうございました。

校内プチ散歩 その6

9月28日 朝のそうじ

「みて、みて!」

廊下のぞうきんに、話かけられた・・・・。

のではなく、

 

朝そうじのおわりに、低学年の女の子が

「みて、みて!!」と、

ぞうきんを見せながら通り過ぎていきました。

 

 

そこで、そうじの時間におじゃましました。

低学年のそうじの様子


←「OK!!しぼり」

「縦しぼり」↓

 

 

 

 

 

 

 


二人で協力!!

ダスキンさんに教えて頂いたことが生きています。

 

 

 

 


滑り止めの床は、でこぼこしています。

なので、普通に拭いても「でこぼこ」の間の汚れは、

取れません。

 

 

 

 

大新の子は、たわしでこすって汚れを浮かせ、

ぞうきんでふき取ります。

 

 

 

 

 

5年生のそうじの様子

無言!!

手早く、廊下の両端から拭いていきます。

拭いた後のゴミも、しっかり掃いて取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年生が掃除を終えた後。

床には、

奥の低学年図書室の本棚が映っていました。

毎日のおそうじ、ありがとうございます。

 

 

 

 

9月8日(金)ダスキン出前授業

お掃除で有名なダスキンさんが、9月8日に大新小学校に来てくださいました。

各学年毎に、約40分間、お掃除の大切さについてお話と掃除道具の使い方、お掃除の仕方を教えてくださいました。


 

 

 

 

 

 

みんな、しっかり聞いています。

続いて、ほうきの使い方を教えてくれました。


ほうきは、

「板目に沿って、はく。」

「ちりとり」と「ほうき」ペアで。

「ちりとりは、少しずつ後ろに下げます。」

協力してきれいにはけました。

 

次は、雑巾のしぼり方です。


右手で、たてに雑巾を持って、

左手で「OK」をつくって、

雑巾に「OK」の輪を通します。

水を切って、半分に折ります。

 

 


「立てしぼり~」

前にねじって絞ります。

 

 

 

 

バケツにお水を入れえてしぼります。

上手にできました。

 

1年生から6年生まで、教えていただきました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

9月26日 学習参観(人権参観)

9月は、人権参観です。

本校では、

①算数教育②道徳教育③人権教育を3本の柱として、

教育目標

「豊かな情操とまろやかな英知を育み、

 心豊かにたくましい子どもを育てる」達成に取り組んでいます。

9月は、3本柱ひとつ「人権教育」をテーマに学習参観を行いました。

本校の人権教育の方針は「自分の人権を守り、他の人の人権を守ろうとする意識・態度を育む」です。人権教育と道徳教育と密接な関係にあります。

また、来年度から実施される「特別の教科 道徳」では、「家庭や地域社会との共通理解を深め、相互理解をはかること。」と記されています。

参観をひとつのきっかけとして、「自分自身のよさに気づき、まわりの人と支え合いながら、よりよく生きること」について、ご家庭で話し合って頂ければと思います。

H29 9月授業参観内容

 

 

 

 

 

1年生   単元名「あったか言葉・チクチク言葉」  【場所:1年1組教室】

担任の願い「普段何げなく使っている言葉のなかには、人をいい気持ちにさせる言葉、人をいやな気持ちにさせる言葉があります。ひとつひとつの言葉から受ける感じを話し合い、人をいい気持ちにさせる 「あったか言葉」がクラスの中でどんどん広がっていくことを願っています。」

?BOX から出てくることばを2つにわけました。

あったかことば:

「じょうずだね」などのこころがあったかくなることば

チクチクことば

いわれるとこころが「チク」と痛くなるこどば

 

 

上手にわけて、あったかことばを嬉しそうに読み上げていました。

あったかことば、たくさん増やしたいですね。

 

2年生   単元名「お月さまとコロ」        【場所:2年1組教室】

担任の願い「主人公のこおろぎのコロが、たった一人の友達のギロを自分のわがままで怒らせてしまいます。あやまりたいと思うのですが、素直になれないコロが、お月さまの関わりで素直な気持ちの大切さに気付かされるという話です。この学習で、素直に過ちを認めることで、自分も周りも心が明るくなることに気づかせたいと思います。お家の方々も一緒に考えて頂けたら嬉しいです。」


自分がコロの立場だったら、ギロの気持ちを考えて「言わなければよかった。」と、後悔する気持ちを素直に発表していました。

友達の気持ちを考えて、言葉を発すること、また、自分の過ちを認める勇気は、自分だけでなく、まわりの人にもうれしい気持ちになることに気づけたようです。

 

 

 

3年生   単元名「伝えよう!楽しい学校生活 」   【場所:3年1組教室】

担任のねがい「『伝えよう!楽しい学校生活』」として、普段おうちの方に伝えきれていない、お見せできていない、子どもたちの姿を子どもたち自身の口から伝えてもらいます。5つのグループに分かれて発表に向けて懸命に準備を進めてきました。ぜひ子どもたちの座席に座ってみんなの発表を見て、聞いてあげてください。」


楽しい学校行事の様子を上手に発表していました。

発表の中では、「子どもたちのすきな運動会お弁当」ランキングを発表していました。

そして、おうちの方にも、同じ質問をしていました。

おうちの方も一生懸命答えてくださっていました。

ありがとうございました。

 

 

4年生   単元名「だれもが関わり合えるように」  【場所:4年1組教室】

担任の願い「国語科で、視覚障害の学習をしています。授業では、アイマスクをつけていろいろな体験活動をします。アイマスクつけて体験することにより、目が見えないことの不自由さや普段、意識せずに使っている視覚の役割に気付けるようにしたいです。また、だれもが関わり合えるように、障害のある人たちが工夫や努力をしていることを感じとってほしいです。」

 

ペットボトルの水をコップに入れる体験をしていました。

水の注ぎ方の工夫

:ペットボトルの注ぎ口を触って確かめる。

:コップの中の水の冷たさを感じ取る。

:水の音を聞く。

視覚に頼らず、触覚や聴覚を使って工夫していることに気づけました。

 

5年生   単元名「『いじめ』なんてしたくない 」  【場所:5年1組教室】

担任の願い「一枚の絵を通して「いじめの具体的な姿(言葉)」「いじめる側に含まれる人たち」「いじめで不幸になる人」について考え合います。また、様々な人々の「いじめ」に関わる悲しみや苦しみについて知ることで「いじめはいやだ」という心情を育みたいと思います。」


教室の様子を描いた絵をみながら、いじめにあてはまる場面を探したり、その子たちが発している言葉を考えて、発表したりしていました。

これらの活動を通して、「いやなことをされた人」「いやなことを言われた人」の気持ちを考えることができました。

 

 

 

6年生   単元名「6000人の命のビザ 」     【場所:6年1組教室】

担任の願い「第二次世界大戦中,本国政府の方針にそむいてまでも,ナチスに迫害されたユダヤ人に日本通過のビザを発行した外交官・杉原千畝の話です。このお話を通じて、世界の平和や人種間をこえた人間愛、命の大切さについて感じ取ってほしいと思っています。」

「自分が杉原千畝だったらビザを発行するか。しないか。」について真剣に考えていました。ほとんどの子どもたちが、「命を救うことは大切なことだ」という思いから、「ビサを発行する」と答えました。そんな中で、「ビザを発行することで、自分の家族の命が危なくなる。日本の国と他の国との関係が悪くなると、他の多くの日本人の命が危なくなる。たから、ビザを発行しない。」という意見も出ました。

この意見を通して、「命を救う」ことは、「自分や他の人命と引き換えになっている」ことに気づけました。そして、「そんな危険をおかしてまでも救わなければならない。」それほど「命は尊いものである。」ことに改めて気づけました。

 

 

 

うめジュース(5年 県産果実)

県農林水産部果樹園芸課の事業で、

県産の果実「うめ・もも・かき」を頂く予定になっています。

6月23日、5年生が頂いた「うめ」をジュースにしました。


まず、竹串でヘタをとります。

 

 

 

 

 

 


きれいに水で洗います。

 

 

 

 

 


ザルに、あげて水を切ります。

 

 

 

 

 


 

水気をふきとります。

 

 

 

 

そのあと、瓶に入れて、砂糖をいれておいておきます。


 

 

10日間程度で梅ジュースが出来上がります。

 

 

 

 

 

 

出来上がったジュースを各学年に届けました。職員室にも、届けてくれました。


 

 

 

 

 

 

校長先生にも届けに行きました。

 

わたしたちがつくったジュースです。

  飲んでください。

ありがとうございます。

いただきます。

7月中旬それぞれのクラスで、5年生がつくった梅ジュースをいただきました(^o^) 。

3年生のクラスにおじゃましました。

担任の先生が、

紙コップに梅ジュースを入れてくれます。

「やかん」の中には、

5年生がつくった梅ジュースを水で割り、氷も入っています。

コップ・氷の準備や水加減は、保健の先生と事務の先生がしてくださいました。

担任の先生が、「梅ジュースが、苦手な人は手を挙げて。」と尋ねています。

5・6名の子どもたちが手をあげました。一口程度ジュースが入ったコップを用意しました。

みんなで乾杯ー!


 

 

 

 

いただきまーす。

 


おかわり!!

さっきは、「梅ジュースが苦手だ。」

と言ってた子どもたち全員が、

「これなら、大丈夫。おいしい!!」

と言って、おかわりにきました。

 


 

 

梅の実も食べました。

 

 

 

 

ここは、4年生の教室。


いただきまーす。

梅ジュース、おいしーいね!!

 

 

 

 

担任の先生が、「隣の5年生にお礼を言いましょうか。」と、声をかけました。

 「梅ジュースおいしかったです。

         ありがとうございました!!」

 

廊下を挟んだ向かいの総合学習室で、学級活動をしていた5年生。


 

 

 

 

 

 

「どういたしまして!!」


「5年生に

『ありがとう』が届いたねと、

にっこり笑顔と拍手の4年生でした。(^^♪

 

 

 

 

 

6月15日 授業参観・懇談会

今年度、2度目の授業参観がありました。

 

 

 

 

 

H29 .6月授業参観掲示

 

 

 

 

 

 

 

1年生 算数科「たしざん」

 

先日からたしざんの学習を始めています。頭の体操として授業の初めに「10になあれゲーム・PPAPバージョン」をします。子どもたちが考えたゲームでたしざんの基礎となる10の構成を楽しく学習します。

 

 

今日は「ふえる」場面のたしざんです。数図ブロックを動かしたり、お話をしたりして進めていきます。楽しく算数の学習ができているかごらんください。

 

 

 

 

 

2年生 国語科「たし算とひき算のひっ算」

 

5月から学習している繰り上がりのたし算のひっ算、くり下がりのひき算のひっ算の習熟問題をたくさんします。

 

 

 

 

答えを求めるだけでなく、みんなによく分かるような説明ができているか、また、絵を見ながらたし算やひき算になる問題づくりが正しくできているかごらんください。

 

 

 

 

 

3年生 国語科 書写「筆先に気をつけて」

 

今日で2回目の毛筆の授業です。前回は筆の持ち方に気をつけて、筆で書くことを楽しみました。今回は筆の持ち方に気をつけるとともに筆先の動きを考えながら縦線や横線の練習をします。

 

 

 

お家の方々も、子どもたちのそばで練習を手伝っていただければと思います。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

4年生 社会「ごみの分け方・出し方について話し合おう」

 

先週、学校のごみを集めてくれているパッカー車を見学しました。初めて間近で見るパッカー車に子どもたちは興味津々でした。「あのパッカー車はどこに行くんだろう」「パッカー車の中でごみはつぶされているのかな」など、いろいろな子どものつぶやきがありました。

 

 

まずは、「どんなごみを出しているのかな?」「どのように出しているのかな?」をみんなで解決していきたいと思います。

 

 

 

5年生 外国語活動「アルファベットで遊ぼう」

 

アルファベットを使って、「カードかくしゲーム」「アルファベットマッチングゲーム」「わたしはだれでしょうゲーム」「ビンゴゲーム」を楽しみます。

 

 

 

 

活動を通して、アルファベットに興味を持ち、大文字とその読み方を一致できるようになってくれればと思っています。

 

 

 

 

6年生 総合的な学習「ネット依存」

 

今回の授業参観は、「ネット依存」について学習します。ネットゲーム(オンラインゲーム)に熱中すると、インターネット利用を何よりも優先して自分の意志ではやめられなくなったり、日常生活に支障をきたしてしまったりするネット依存に陥ることがあります。

 

 

今回は、小中学生が陥りやすいゲーム依存を取り上げ、ネット依存について考えさせます。

 

 

 

 

 

参観の後

 

各学級で、懇談会を行いました。その間、子どもたちは「低学年図書室」と「うちどくコーナー」で待っていました。

うちどくコーナー

本年度2回目の参観に、

たくさんの保護者の方々が来てくださいました。

どうもありがとうございました。

今回の懇談会は、

「大新まつり」についても

話し合っていただきました。

 

今度とも、ご支援・ご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

6月12日 不審者侵入避難訓練

6月12日(月)和歌山東警察署の方にご協力いただき、不審者侵入避難訓練を行いました。

 

 

不審者侵入の放送を聞き、

子どもたちは、教室の隅で静かに

待機です。

 

 

その頃、不審者に扮した警察の方と

職員とが、

廊下で向き合っています。

 

 

 

 

 

その後、「不審者は、確保され、安全が確認されたました。」という放送で、

子どもたちは体育館に集合しました。

 

体育館では、東警察署の方から、

今日の避難訓練について

お話がありました。

「静かに、まじめに取り組めていて

とても、よかった。」

とほめていただきました。

 

 

 

今回の「不審者避難訓練」の反省を生かし、

不測の事態に備え、全教職員一丸となって、子どもたちの安全確保に努めたいと思います。

 

 

 

東署の方から、

「子どもたちを守る」ために、

「イカのおすし 一人前」のチラシをいただきました。

全校児童に配布しています。

 

ご家庭でも、

もう一度、確認をお願い致します。

 

 

 

このページのトップに戻る