和歌山市立 大新小学校

10月19日 感謝の集い

10月19日 いつも登下校を見守ってくださっている地域の見守り隊の方や学校医の先生方に感謝の気持ちをこめ、

「感謝の集い」を行いました。

まずは、児童会司会から「はじめのことば」です。

 

 

 

 

 

 

 

続いて、校長先生のお話

 

「登下校の見守りなどで

地域の方にいつも世話になっています。

その感謝の気持ちを子どもたちは、

発表にこめています。」

 

 

と、『感謝の集い』にこめた、子どもたちの気持ちを話してくださいました。

 

 

全校児童からのプレゼントを、5・6年生が代表して渡します。


 

 

 

 

 

 

メダルとメッセージ、各団体の代表の方には、お手紙を手渡しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学年発表です。

1・2年生は、「モアナと伝説の海」鍵盤ハーモニカの合奏

体育館の舞台前の階段に座っての演奏です。

上手に吹けました。

 

 

 

 

群読 「かく」 作:川崎洋

いろんな「かく」が出できました。

背中をかく。

字をかく。

〇をかく。

×をかく。

 

 

振り付けがとてもかわいく、見ている見守り隊の方の笑顔を誘いました。

 

見守り隊の方にインタビュー「とっても元気よく、上手にできました。」

 

3・4・5年生

「怪獣のバラード」(2部合唱)、ベイマック「Story」ズートピア「Try Everything」(リコーダー)


 

 

 

 

 

 

上手な演奏に、2年も聞き入っています。


 

見守り隊の方にインタビュー

「難しい曲を上手に吹いていました。」

 

 

 

 

いよいよ、6年生。大新太鼓です。

さすが6年生!!

力強い演奏です。

 

 

 

 

 


見守り隊の方にインタビュー

「12人とは思えない、迫力の演奏でした。」

 

 

 

 

全校合唱「白い雲」

 

見守り隊の方を全校児童が取り囲んで

合唱します。

 

 

 

 

児童会からおわりのあいさつ


いつも見守ってくださってありがとうございます。

これからも私たちの安全を見守ってください。

 

 

 

 

お越しいただいた方の間近で演奏し、喜んでくださる姿を目の当たりにすることで、

子どもたちも見守り隊の方をとても身近に感じることができました。

そして、感謝する気持ちの「素晴らしさ」を実感することができました。

本校のめざす「人間味あふれる温かい学校」に地域の方のご協力は、欠かすことができません。

 

6月28日 赤十字集会

6月28日(水)なかよしロングタイムに、特別集会「赤十字集会」が行われました。

体育館の入り口では、

・1円玉

・古切手

・古カードを

全校児童が持ち寄り、

青少年赤十字委員会が集めます。

 

 

赤十字集会のはじまりです。


・入り口で集めた1年玉・古切手・古カードを

 紹介します。

・今年の目標を発表します。

 

 

みんなで「ちかいのことば」を言います。



 

 

 

 

 

 

青少年赤十字の歌を歌います。


 

 

 

 

 

 

大新小学校では、「朝の会始まりの曲」として、ずっと以前から流れています。

 

1年生は、青少年赤十字の仲間入り

青少年赤十字の「バッジ」を

6年生からもらいました。

6年生から、

「6年間大切にしてください。」

1年生から、

「はい。ありがとうございます。」

 

 

赤十字社 和歌山支部の方から

 

赤十字社

青少年赤十字の活動について、

お話をしていただきました。

 

 

 

 

最後は、校長先生のお話です。

 

 

 

 

 

大新教育とJRC

JRCの目標:「困っている人や苦しんでいる人のためにないかできることはないか。」と、考え、行動することは、人として、とても、大切なことですね。

大新小学校では、JRC活動として、学期に1回公園清掃を行っています。

なかよし活動(たてわり)とともに、

大新小学校がめざす子ども像

「心根のやさしい大新っ子」
「考えてやりぬく大新っ子」
「たくましく元気な大新っ子」    をささえる活動となっています。

赤十字集会の様子は、

平成29年7月18日和歌山放送「ゲンキ和歌山市 ~学校訪問」で、放送されました。

このページのトップに戻る