和歌山市立 和佐小学校

沿革史

明治
7年 和佐村禰宜に遷喬小学校・関戸に精勤小学校を設ける
12年 和佐村井の口に至誠小学校を設ける
20年 遷喬小学校と至誠小学校を合して禰宜小学校
精勤小学校を関戸尋常小学校とする
27年 禰宜・関戸両校を合して和佐尋常小学校とする
33年 尋常・高等科を併置し、和佐尋常高等小学校と改称する
昭和
3年 現在地禰宜949―2に改築移転する
16年 条例改正により和佐国民学校と改称する
22年 学制改革により和佐小学校と改称する
26年 開校50年事業として給食室を建設する
28年 和佐幼稚園を併設する
31年 和歌山市に編入し、和歌山市立和佐小学校と改称する
46年 鉄筋校舎3階建てを建設する
49年 屋内体育館を建設する
平成
3年 総合遊具(肋木うん梯・ジャングルジム)を設置する
12年 開校百周年記念式典を開催する
13年 第一回地域文化祭を開催する
15年 県下一斉学力診断テストを実施する
16年 スクールカウンセラーが設置される
18年 介護室を設置する
21年 耐震工事が終了する
22年 図書室・保健室の整備を行う
23年 運動場トイレが完成する
24年 運動場に若竹学級が完成する
市の「福祉教育推進モデル校」の指定を受ける
25年 体育館のLED耐震用照明に交換工事
26年 通用門のオートロック化、防犯カメラ設置                                                                                          29年 体育館屋根ペンキ塗りかえ工事が完成する。                                                                                        30年 エアコン工事

 

 

このページのトップに戻る