和歌山市立 高松小学校

警報発令時の対応

1、暴風警報または大雨警報が発令(特別警報発令を含む)されている場合
  ●和歌山県全域、または県北部、紀北、和歌山市のいずれかに、警報が発令されている時には、登校させないでください。
   外に出ないで、「自宅待機」になります。
     ※平成22年度より、警報発令が市町村単位になっています。ご注意ください。

2、震度5以上の地震が発生した場合
  ●危険が予測される場合は、臨時休業になりますので登校させないでください。
  ●震度に関係なく、津波警報や大津波警報が発令される等、危険が予想される場合は臨時休校としま す。

3、授業について
 (1)午前6時から午前7時30分までに解除された場合
    ・午前8時20分から午前中普通授業を行います。
    ・午前中の時間割を用意する。給食はありません。

 (2)午前7時30分から午前10時までの間に解除された場合
   ・警報解除後、1時間遅らせて午前中授業を行います。

・午前中の時間割を用意する。給食はありません。

※警報が解除された場合でも、地域によって危険が予想される場合には、登校を見合わせ、家で待機させてください。その時は、担任までその旨をご連絡ください。

  (3)午前10時以降に、解除された場合
    その日は臨時休業となります。

4、給食について
 ●午前6時の時点で、暴風警報・大雨警報が発令されている時は、米飯、パン、牛乳の製造は
  中止になります。そのため、前述の3の(1)、(2)の場合、授業は午前中で終わり、
  給食はありません。

5、児童が学校にいる時、特別警報、暴風警報・大雨警報が発令されたり、地震が発生したりした場合
 ◎下校は、状況を判断し、児童の安全確保を最優先して判断します。
  (1)気象状況、交通機関・道路の状況を判断し、児童が安全に帰宅できると判断した場合は、下校の措 置をとります。
  (2)帰宅させることでより危険が増すと考えられる場合は、危険がなくなるまで学校待機とします。危険がなくなったと確認された場合でも、時刻によっては保護者のお迎えをお願いします。
 (3)特別警報発令時は学校待機とします。特別警報が解除された場合は、通常の警報発令時と同様の対応となります。
 (4)保護者の方が直接迎えに来ていただければ、保護者と一緒に児童を下校させます。

6、備考
  (1)警報が発令されていない場合であっても、今後、警報が発令されるとか、危険が予測される状況においては、一時登校を見合わせたり、休業の措置をとったりすることがあります。
  (2)天候が悪い時や、地震時の登校につきましては、テレビ・ラジオ等で気象情報・地震情報を確認し、ご家庭でご判断ください。
  (3)臨時休業等のお知らせは、メール連絡システムを通じて行います。特別な事情がない限り、電話でのお知らせはしません。ご了承ください。

このページのトップに戻る