和歌山市立 新南小学校 ❀❀❀❀❀❀❀ Shinnan Elementary School

加太合宿②

 合宿二日目。まず、山に登って、わんぱくアスレ。いちばん高い鐘撞き塔に登ると、北は明石海峡大橋、西は四国、南は日ノ御碕まで見える見晴らしの良さ。山上に並ぶ風車の回るようすまではっきりと見えました。その後は焼き板クラフト。バーナーで焼いた板に、カラフルな絵の具で思い思いの絵や文字を描きました。退所式を終えて自然の家を出る子どもたちは、やや名残惜しそう。楽しい二日間でした。

加太合宿①

 12日(木)13日(金)5年生が楽しみにしていた加太合宿です。入所式をすませた後、飯ごう炊さん。野菜を切る係とご飯を炊く係に分かれてカレー作り。自分たちで作ったカレーの味は格別、何杯もおかわりする子が続出。午後はスコアーOLで山の中を駆け回りました。夜はきもだめし。自然の家の先生の怖いお話を聞いた後、4人ずつ肩を寄せ合うようにして、山道を降りていきました。怖くて泣き出す子もいましたが、全員無事に帰還。入浴をすませた後は、部屋での楽しい語らいの時間。昼間の疲れが出たのか、消灯後は部屋から静かな寝息が聞こえてきました。

森林教室(5年)

 14日(木)5年生がみなべ町で森林教室を体験しました。はじめに森林組合の方から林業の話を聞き、木材をノコギリで切ったり、薪割り機(写真左)を使って木を割る体験をしました。また、切った木材を使ってピザを焼きました。とてもおいしかったです。午後は炭焼き小屋を見学した後、備長炭の風鈴づくりを経験しました。楽しい一日でした。

ミシンの学習

 4日(金)、5年生のミシンの実習に、地元婦人会から5人の方が来校して、初めてミシンを使う子どもたちに丁寧に教えてくれました。昨年から来ていただいていますが、以来「ミシンの故障が少なくなった」そうで、正しい使い方が身についてきた効果のあらわれでしょうか。

水泳教室

 10日間にわたる「夏休み水泳教室」が終了しました。今年から3年生も参加できるようになり、毎日熱心に練習しました。最終日の今日は泳力テストを実施しましたが、ほとんどの子が自分の記録を塗り替えました。参加した子どもたちは達成感に満ちたいい表情をしていました。

うめジュースづくり(5年)

 5年生が「うめジュースづくり」に取り組んでいます。
 県からいただいた青梅を洗い、水気を切ってから、冷凍庫で凍らせます。それから、さとうと青梅を交互にびんにいれ、しばらく保存します。おいしいジュースができるのが楽しみです。
 

歯をみがこう

  6日(木)歯科衛生士専門学校の学生さんによるブラッシング指導が行われました。はじめに、歯の磨き方を丁寧に指導していただいた後、学生さん手作りの紙芝居を見せていただきました。 

神戸・大阪社会見学(5年)

 21日(火)5年生は神戸・大阪方面に社会見学に行きました。
 まずは、神戸の『人と未来防災センター』へ。地震発生時の7分間を再現した映画を見た後、館内の展示を見てまわりました。それから、神戸タワーにのぼって、神戸の町や港を見てから昼食。
 午後は毎日新聞大阪支社を見学。新聞づくりのビデオを見た後、夕刊の印刷を見学。輪転機が高速に回転し、新聞が次々と印刷されていくようすを目の前で見学させてもらい、子どもたちは感動していました。

キッズサポートスクール(2年・5年)

 29日(火)キッズサポートスクール(非行防止教室)が開かれました。これは児童の規範意識を高めるために県警の生活安全部少年課・少年サポートセンターが実施しているもので、2年生・5年生対象にそれぞれ「いやなおもいをさせる(仲間はずれ)」「よいこと・わるいこと」をテーマに授業をしてくれました。子どもたちは先生の質問にしっかり答えながら、正しい行動のあり方を学習しました。

炭焼き職人さんに聞く(5年)

 10日(月)、5年生は備長炭の炭焼き職人、辻恒治さんに話を聞きに行きました。 
 南海孝子駅を降りて、里の道をしばらく歩くと、辻さんの炭焼き工房に到着。白い煙が出ている焼き窯の前で、辻さんは備長炭づくりについてお話を始めました。
 備長炭づくりにたずさわるようになったきっかけや、大切にしていること、苦労していることなど、とてもわかりやすくていねいにお話ししてくださいました。
 子どもたちは熱心にとったメモをもとに、ドキュメンタリー文や新聞の制作に生かします。

森林体験(5年)

 3日(月)5年生はみなべ町へ「森林体験」に行きました。まず、かつて梅山だったところに、備長炭の原木「ウバメガシ」を植林する体験をしました。地元森林組合の方もやさしく教えてくれました。
 午後は備長炭振興センターで、炭焼き体験と備長炭の風鈴づくりを経験しました。備長炭でおこした火でサツマイモを焼いてくれました。帰りのバスの中で食べた焼き芋は格別の味がしました。

地球星歌~笑顔のために~

 29日(木)市民会館で和歌山市小学校音楽研究演奏大会が開かれ、新南小学校から5・6年生112人が出演しました。
 合唱曲『地球星歌~笑顔のために~』をとても美しい歌声とハーモニーで披露してくれました。
 この曲は12/7(金)の「感謝と実りの集会」でも聞かせてくれます。とても楽しみです。

研究会(5年)

 21日(水)国語科の研究発表会が開かれ、市内の先生方に授業を見ていただきました。『千年の釘にいどむ』という、古代の釘の再現にかける白鷹幸伯さんのドキュメンタリー文を学習しました。子どもたちは白鷹さんの思いに迫るために、自分の考えをしっかり発表できました。
 この学習を生かして、今度は備長炭づくりの職人、辻さんにお話を聞き、ドキュメンタリー文に挑戦する予定です。

加太合宿(5年)

 10月25日(木)26日(金)と5年生が加太少年自然の家に宿泊体験学習に行ってきました。1日目は、まずカレー作り。ご飯を炊く子と野菜を切る子に分かれました。自分たちで作ったカレーの味は最高で、何杯もおかわりする子がいました。午後は「スコアーOL」。加太の山中を走り回ってポイントの札をさがしました。夕べの集いでは淡路島に沈む夕日をみんなで眺めました。夜は山中きもだめし。山に登る前から泣き出す子が続出。でも、グループで励まし合いながら無事山を下りてきました。2日目はわんぱくアスレと冒険トリムで山中を駆け回り、その後体育館で「焼き板クラフト作り」。カラフルな絵の具を使って焼き板に思い思いの言葉や絵を描きました。秋晴れの好天にも恵まれ、友だちと協力することの大切さを学んだ、楽しい二日間でした。

ミシンの使い方、教えてもらいました。

  5年生は家庭科で初めてミシンの使い方を学習しています。10/2(火)には、地域の婦人会の方が学校に来られて、ミシンの使い方を教えていただきました。家庭科の先生だけでは、一人一人の指導が行き届かない面もありますが、各グループについていただくので、学習もスムーズに進み、子ども達も早くマスターできました。ここで覚えたミシンを使って、これからエプロンを作る予定です。

稲刈り(5年)

 運動会の練習真っ最中の19日、5年生で稲刈りをしました。5月に発泡スチロールに小さな苗を植え、枯れそうになりましたが、だんだんと順調に育った稲。刈る前には黄金色の稲になり、子ども達も大喜びでした。
 いざ稲刈り。鎌の使い方を教えてもらい、手に気をつけて稲を刈りました。「引っ張って…ザクッと切る!」といいながらグループで協力して刈りました。今回刈った稲は10月末の加太合宿に持っていきます。自分たちの作ったお米…いつもとひと味違うでしょうね。子ども達も今から楽しみのようです。

この本読んでみませんか(5年)

 6/13(水)5年生が図書室にある本を低学年に紹介してくれました。低学年図書室から気に入った本を選び、紙芝居風にしたり、ペープサートを使ったりして、わかりやすく紹介してくれました。この日、体育館に集まった1年生は真剣な表情で5年生の発表を聞き入っていました。

歯のブラッシング指導

 6/8(金)シュッシュッ!シュッシュッ!今年も『歯の衛生週間』にちなんで、1・3・5年生児童が県歯科衛生士専門学校の学生さんによるブラッシング等の指導を受けました。これからも、教わった正しい歯みがきで、健康な歯と歯ぐきづくりを心がけていってくれることを願っています。

このページのトップに戻る