和歌山市立 新南小学校 ❀❀❀❀❀❀❀ Shinnan Elementary School

しんなん 桜だより 2019.3.29

今年は昨年よりやや遅く、和歌山市では3月25日に、桜の開花が発表されました。学校でも、それから一気に咲き始め、今日29日には、学校の南東隅にあるシダレザクラは、うららかな春の日ざしを浴びながら、ほぼ満開です。南門付近のソメイヨシノは、二、三分咲きといった様子です。近くを通られたら、ぜひ美しい桜を見てください。校章にも使われている桜は、本校のシンボルです。子供達とともにいつまでも大切に守り育てていきたいです。

卒業を祝う集会で心ひとつに

3月1日(金)卒業を祝う集会が行われました。全員合唱『絆』に始まり、1年生の歌や6年生への御礼のメッセージ発表に続き、4年生は迫力満点の『黒潮太鼓』。勇壮な太鼓の演奏は、新たな門出に立つ6年生の心に勇気と力を吹き込んでくれました。みんなの祝福や励ましに応えようと6年生は、とっておきの特技を一人ずつ短い時間でしたが披露してくれました。キュービックの早業や毛筆、手話、ストリートダンス、グローブを背中に回してキャッチ、バクテンなどと実に多彩なパフォーマンスを次々と見せてくれて、他の学年の子供達は最後まで目が離せないといった様子でした。送る側と送られる側みんなの心が一つになったとても素晴らしい集会でした。参観いただいた保護者の皆様、有難うございました。

親子料理教室~~ふわふわパンケーキ~~ おいしいよ~

               

              

    今回も辻調理師専門学校から先生をお招きして親子料理教室を開催しました。

  料理は、『ふわふわパンケーキ 前菜スタイルとデザートスタイル』です。子供たちは、前菜スタイル、デザートスタイルってどんなのかなと、興味津々。それぞれのテーブルでは、パンケーキの生地を作ったり、バナナのキャラメリゼを作ったりしながら、ふわふわパンケーキを焼き上げていきました。

  さて、出来上がったら、あとは食べるだけ。一口、二口と食べるごとに子供たちはどんどん笑顔になっていきました。

 

おもちゃランドへレッツゴー!

1月30日(水)、2年生の子供達が1年生を招待し、いろいろな遊びを体験してもらう『おもちゃランド』が開催されました。2年生が、趣向を凝らし考えた手作りのゲームや遊びのコーナーが11種類設けられると、1年生の子供達は、大喜びで歓声を上げながらそれぞれの遊びを楽しんでいました。2年生は、すっかりお兄さんお姉さんになりきって、1年生にやさしく声をかけ、折り紙で作った手作りの大きなくす玉のような景品までたくさん用意してくれていました。こうした子供達同士のほのぼのとした交流を眺めていると、こちらまで心が温まるひと時でした。

ようこそ、たま駅長!~公共交通教室から~

1月8日(火)、県総合交通政策課主催による出前授業『公共交通教室』が1,2年生を対象に行われました。公共交通の乗降方法やマナー・ルールなどの学習を通して公共交通への理解を深め、利用促進を図ることを目的として開催されるもので、県庁と和歌山電鉄のスタッフの方から楽しいクイズが出されると、子供達は張り切って手を挙げ、教室の中は熱気に包まれました。最後に、スペシャルゲストの「たま駅長」のゆるキャラが教室に来てくれると、子供達は大喜び。たま駅長と一緒に記念写真を撮り、握手やハグをしてもらいながらお別れしました。

親子もちつき大会~ぺったん、ぺったん、ぺったんこ~

 

12月15日(土)、今年も子どもセンター主催による「親子もちつき大会」を行いましたが、子供たちや保護者・地域の方を合わせ約200人の参加数となりまた。また、今年は尾花市長も開会より参加してくださり、参加した子供たちにお話をしてくださりました。お話のあと、子供たちは、屋外に用意した杵と臼を使って、もちつきの体験をしました。子供たちは、よろめきながら杵を振り上げ、臼のもちめがけ、力いっぱいもちをついていました。体育館のフロアでは、民生委員・児童委員の方々が、ぜんざいを作ってくださり、参加した子供たちや保護者・地域の皆さんは、ぜんざいをおいしくいただき、体も心も温まったひとときとなりました。

君もチャンピョンをめざせ!~新南チャレンジランキング大会~

12月11日(火)の午後、体育館や各教室を会場に『新南チャレンジランキング大会』が開催されました。今年で2回目となるこの行事、5,6年生の子供達が、自分たちでチャレンジ種目(遊びながら速さや巧みさを競うもの)をアイデア豊かに考え、それから手作りでブースを拵え、下の学年の子供達に挑戦してもらおうという催しです。下学年の子供達は、20種目もあるブースを巡りながら、お兄さん、お姉さんから思う存分楽しませてもらっていました。それにしても、5,6年生の豊かなアイデアと年下の子たちを温かく迎えてくれる優しい振る舞いに、とても感心させられたひと時でした。

大ホールに響いた私達の歌声~市小学校音楽研究演奏大会から~

12月7日(金)、市民会館大ホールで『第69回市小学校音楽研究演奏大会』が開かれ、本校5、6年生が合同で出場しました。市内の参加校28校のうち11番目に舞台に立った子供達は、やや緊張しながらも、『風になる』の曲を心を合わせて歌うと、明るくのびのびとした歌声がホールに響きわたり、いつも以上に元気な声が出ていました。小学校生活のいい思い出の1コマとなりました。

日頃の感謝をこめて~感謝と実りの集会から~

12月6日(木)、『感謝と実りの集会』を開きました。日頃子供達の通学の安全を見守ってくださっている14名の地域の皆様をお迎えし、子供達から感謝のメッセージを書いたカードや手作りのプレゼントをお渡ししました。その後、2年生、3年生は、これまで身に付けた学習の成果を、歌や楽しいパフォーマンスを織り交ぜながら明るく元気に発表してくれました。5年生は趣向を変えて、さまざまな「昭和の遊び」を実演してくれ、地域の皆様も懐かしそうに見てくださっていました。また、来年2月14日に、本校は創立90周年を迎えることについて、中尾年男連合自治会長様からお話くださり、伝統ある本校をよりよい学校にしてくださいと励ましのお言葉をいただきました。みんなの心に響くいい集会でした。

新南小学校へようこそ!~交流給食会から~

12月4日(火)、日頃お世話になっている10名の地域の皆様をお招きして、1年生、3年生の子供達との交流給食会を開きました。給食が始まるまでの間、1年生は、自分たちが演じる『たぬきの糸車』の劇を見てもらったり、一緒にゲームをして遊んでもらいました。3年生は、社会科で習っている『昔の道具とくらし』にちなみ、子供達からいろいろ質問しては、珍しいお話をたくさん聞かせていただきました。給食の時間も大きな輪の中に入っていただくなど、短い時間でしたが、心温まる交流ができてよかったです。地域の皆様、またお越しください。

日曜参観ならびに教育講演会開催

12月2日(日)、日曜参観ならびに人権教育講演会を開催しました。参観授業は2限に各教室で、今ある命の尊さそして感謝、他者への思いやりなどをテーマにした授業を行うと、子供達は、お父さんお母さんに見てもらえるので、いつも以上に一生懸命考え、意見を交流していました。講演会では、本校スクールカウンセラーの高橋つぶら先生が『子どもを伸ばすほめ方 育てる叱り方』と題してお話くださり、子供の心を育てる関わり方の秘訣について、とてもわかりやすく聞かせていただきました。貴重なお休みにもかかわらずご来校くださいました皆様、本当に有難うございました。

「ふれあいお食事会」にお招きいただきました

11月28日(水)、ふれ愛センターで、新南地区社会福祉協議会主催による「ふれあいお食事会」が開かれ、本校3年生全員がお招きいただきました。会場では、地域のお年寄りの皆さんといろいろなお話をしながら、おいしいお弁当をいただきました。子供達は、そのお礼にと、「パプリカ」の歌や「山のポルカ」のリコーダー演奏を披露し、最後は、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に「ふるさと」を歌いました。お年寄りの皆さんは、「元気をもらったよ」「ありがとうね」とすごく喜んでくださったそうで、戻ってきた子供達のとてもいい笑顔が印象的でした。

子ども同士の関わり合いを通して~国語教育研究発表会から~

11月21日(水)午後、1年A組、4年B組、5年B組の3クラスで、国語の研究授業を行いました。他校から来られた大勢の先生方に囲まれる中、少し緊張しながらも、子供達は自分の考えをしっかり発表し、それをお互いに聞き合いながら、楽しく学びを深めていました。課題はまだまだありますが、子供達に言葉の力が確かに育ってきている、そんな手ごたえの感じられる研究発表会でした。

新南地区防災訓練開催

11月11日(日)朝、新南地区自主防災会主催による「新南地区防災訓練」が本校運動場および体育館で行われました。児童はごくわずかでしたが、およそ200名の地域の皆さんが参加され、災害に対する備えや人命救助のスキルなどについて学びました。市消防隊員のご指導による消火訓練、起震車での地震体験、火災時の煙体験など、今年は疑似体験ができるコーナーがいくつも設けられ、防災意識の向上につながりました。また、恒例の「炊き出し訓練」では、参加者全員に温かい豚汁が振る舞われ、災害への備えとして、日頃の地域の人と人とのつながりの大切さを改めて感じた訓練でした。

友情をたしかめ深めた紀北合宿

5年生は、10月25日(木)、26日(金)の2日間、伊都郡かつらぎ町の「紀北青少年の家」で合宿を行いました。晴天に恵まれる中、自然がいっぱいの山の中での活動は日頃経験できないことばかり。子供達は、互いに助け合い、友達と心通わせながら思う存分活動し楽しみました。合宿で深めた友達との絆を、ぜひこれからの生活で生かしてほしいです。

思い出がいっぱいできた修学旅行

10月15日(月)、16日(火)の2日間、6年生は修学旅行に行ってきました。我が国が誇る京都や奈良の世界遺産や歴史的建造物をいくつも巡り、歴史と文化の奥深さと美しさを肌で感じることができました。そのほか、清水焼の絵付け体験や映画村のお化け屋敷に挑戦したり、夜は旅館で時の経つのも忘れるほど友達と楽しい時間を過ごしたりと、最高の思い出がいっぱいできた2日間でした。

おいしいメロンパン作ったよ!~子どもセンター「手作りパン教室」~

10月20日(土)、校区子どもセンターでは、紀の川市のパン屋さん「パン・ド・パニエ」の東 直樹先生を講師にお招きし、『手作りパン教室』を開きました。会場は、オーブン設備のある「ふれ愛センター」の料理講習室をお借りし、児童20名、保護者10名の参加がありました。用意されたパン生地を手で丸め、それにメロンパンの皮をかぶせて形を整えたところへチョコチップをのせ、グラニュー糖をふりかけます。それをオーブンで30分ほど発酵させると、しだいに大きく膨らんできて、甘いにおいが漂ってくると、子供達は待ち遠しくなってオーブンの中を覗き込んでいました。先生から、パン作りは意外と時間がかかることや、災害や紛争で飢えに苦しむ国に、「柔らかいパンの缶詰」を送る活動をされているお話も伺いました。パン作りの楽しさと焼きたてパンのおいしさを初めて知り、また作ってみたくなりました。

城東中体育大会に6年生が参加

10月3日(水)、城東中学校で体育大会が行われ、中学校生徒会からの呼びかけにより、本校と広瀬小、大新小の6年生が互いの交流を兼ねて、生徒会種目『大玉送り』に出場しました。中学生の横に6年生が並び、大玉を列の端から端まで1往復半を順々に頭上で送り、そのタイムをブロック対抗で競います。中には、大玉に手が届かず、触れなかったという児童もいましたが、中学校の体育大会の熱気あふれる雰囲気を肌で感じ、中学生の先輩や他校の6年生と楽しく触れ合う貴重な経験ができました。

このページのトップに戻る