和歌山市立 新南小学校 ❀❀❀❀❀❀❀ Shinnan Elementary School

住みよい町をつくるために~4年生社会科学習から~

6月15日(金)、4年生は「住みよい町をつくるしごとについて学ぶ」社会科学習の一環で、ごみや汚水の処理について学ぶため、市の職員の皆さんによる出前授業を受けました。和歌山市は、1人が1日あたり出すごみの量は全国平均より多く、リサイクル率も9,3%と全国20,4%よりかなり低いことから、なるべくごみを作らない(reduce)、繰り返し使う(reuse)、資源として再利用(recycle)の3R運動を強力に推進していることを学び、ごみの分別やものを大切に使うことなど、私達の身近ですぐにできることについて考えるいい機会になりました。和歌山市をもっともっと住みよい町にしたいです!

5年生 梅ジュースづくりに挑戦!

子供達に県特産物について理解と親しみをもってもらおうと、毎年この時期に県果樹園芸課から、黄色く完熟した南高梅の実が学校に届けられます。6月15日(金)、5年生が届いた梅の実を使って梅ジュースづくりに挑戦しました。水洗いした梅の実から水分をふき取り、へたを取り、実の表面に小さな穴を開けたあと、砂糖と一緒に瓶につめて出来上がり。甘酸っぱい梅の香りが家庭科室いっぱいに広がる中、季節の贈り物に触れるいい体験ができました。来月中頃には、おいしい梅ジュースが飲めるそうです。お楽しみに。

本と語りのすてきな時間~1・2年生 おはなし会から~

6月14日(木)、読み聞かせグループ「おはなしころころ」のお二人が来校され、1、2年生の子供達は、わくわくしながら昔話の語りや絵本の読み聞かせ、紙芝居、手遊びなど多彩なメニューで楽しませてもらい、絵本と語りの素敵な時間を過ごすことができました。会が始まる前、台の上に1本のロウソクがともされると、教室は一変し、「語りの空間」に。そんな不思議な雰囲気と上手な語りに、子供達は知らず知らずお話の世界に引き込まれ、最後まで目をそらさず聞き入っていました。

6年生が大活躍!~プール掃除~

6月13日(水)梅雨の合間の青空の下、6年生がプール掃除に取り組んでくれました。まず、底にたまった大量の藻や枯葉をすくい上げたあと、底や側面をブラシで磨いたり、プールサイドの雑草を抜き、落ち葉を掃き集めたりと時間のかかる大変な作業でしたが、みんなのために一生懸命取り組んでくれました。掃除を終えたプールの底が、夏の日差しを浴びて、ひときわ白く輝いて見えました。6年生のおかげで、今年もプールの季節を迎えられます。本当にご苦労様でした。

楽しかった!観劇『天満のとらやん』

5月29日(火)、子供達が楽しみにしていた観劇『天満のとらやん』を全校児童が鑑賞しました。天下一の呑気者「とらやん」が逃がしたうなぎを追いかけて、野を越え、川越え、あげくは雲の上にまで行くというパロディ仕立てのストーリー。役者のおどけたしぐさや相方との面白いやりとりに何度も子供達は爆笑しました。また、子供達や先生方も舞台に上がって役者と一緒に演技する場面も。語り太夫がセリフを言い、役者はパントマイムが多いのですが、見せ場では、役者が笑わせるようなセリフを言い、それをお囃子がひきたてる伝統芸能の趣のある楽しいお芝居でした。

新しい友達できたよ!~みんなともだち集会から~

1学期も折り返し点になる5月29日(火)、児童会主催によるショート集会『みんなともだち集会』を行いました。子供達は、少しどきどきしながらも、手作りの名刺を互いに交換し、他学年の児童との交流を楽しんでいました。これをきっかけに、新しいことにもどんどんチャレンジしてほしいです。

図書ボランティア研修会開く

5月16日(水)、図書ボランティアにご応募くださった皆さんに、お手伝いいただく内容について理解していただくためにこのたび研修会を開きました。この日は、県立図書館の司書の方にお越しいただき、本の整理の仕方や傷んだ本の修理方法について、実習しながら教えていただきました。今後の活動に生かしたいと、皆さんとても熱心に受講されました。子供達の読書環境の充実のため、お手伝いいただけます方は、いつでも受け付けていますので奮ってご参加ください。

世の中を見る目が広がりました~5年生社会見学から~

晴天に恵まれた5月24日(木)、5年生全員は、神戸・大阪方面へ社会見学に行きました。午前中、神戸の「人と防災未来センター」を訪ね、23年前の阪神・淡路大震災の惨状を伝える数々の展示や地震発生の瞬間の倒壊する街を再現した迫力ある映像を見て、防災に備える大事さを改めて学びました。毎日新聞大阪本社では、新聞ができるまでの工程を聞いたり、自動化高速化された大型輪転機を間近に見て、新聞づくりにかける人々の熱意や苦労を肌で感じました。子供達は、社会の営みを実際に目で見て心で感じる本物の体験に大変満足し、実り多い一日でした。

とびだしはしません!~交通安全教室~

5月21日(月)、交通安全母の会東支部、東警察署、地域安全推進員の皆様をはじめ、PTA安全部の皆さんのご協力のもと、1・3年生を対象に「交通安全教室」が開催されました。初めは体育館で、安全な歩行のしかたや自転車の正しい乗り方等について説明を受けた後、運動場に設定された交差点や踏切などを実際に通行しながら、安全な歩行と自転車の走行について学ぶことができました。最後に子供達全員で「とびだしはしません」と唱和し、締めくくりました。真夏のような強い日差しが照りつける中、子供達の交通安全を願ってご指導くださった皆様、本当に有難うございました。

バレーボール、楽しかったよ!~親子バレーボール教室~

5月12日(土)、校区子どもセンター主催による『親子バレーボール教室』が開催され、児童・保護者合わせて27名の参加がありました。ご指導は、新南少年・少女バレーボールクラブの小池監督が担当してくださり、子供達は、仲間とコミュニケーションを取りながら体を動かし、ボールを使ったいろいろな運動を楽しむことができました。プログラムの最後は、親子合同でチームに分かれてのゲーム。好プレー、珍プレーの続出で大いに盛り上がり、いい汗を書くことができました。次回も多数の皆様のご参加を待ってます。

親子フラワーアレンジメント教室 『バラのリース』 H30.4.21

         

「お世話になっている人に感謝の気持ちをこめてお花をプレゼントしよう」「できあがったらお家のどこに飾ろうかな」など。参加した子供たちはさまざまな気持ちを抱きながら、男の子も女の子も『バラのリース』造りに取り組みました。楽しみながらアレンジした作品は、世界に1つしかない作品になります。さあ、どのようなバラのリースに仕上がるのかな。

元気いっぱいの「はじめまして よろしく集会」

4月20日(金)、入学したばかりの1年生を全校児童が温かく迎え、これから一緒に仲良く遊び、楽しい学校生活が送れるようにという願いのもと、児童会主催による「はじめまして よろしく集会」が開催されました。1年生は、一人ずつ名前と好きな食べ物や動物、遊びなどを発表し、さらに「ドキドキドン」の歌を振付を入れながら元気いっぱい歌ってくれました。どの子も物おじせずすごく元気な声を聞かせてくれて、「1年生の力ってすごいな」と思わず感心させられました。お兄さん、お姉さんからは、トトロの「さんぽ」の歌のプレゼントが贈られ、体育館中に元気な声が響き渡りました。短い時間でしたが、かわいらしい1年生を見つめるみんなの心が自然と優しく柔らかくなる素敵な集会でした。

今日から小学生の仲間入り!~30年度入学式挙行~

桜の花に代わって若葉がいっせいに芽吹く中、新入生45人を迎えて、平成30年度入学式を挙行しました。子供達は初め、いくぶん緊張した面持ちでしたが、途中で2年生から「はじめまして」の歌の歓迎を受けると、しだいに心がほぐれ、式の最後に担任の先生が紹介されると、先生に向かって「よろしくお願いします」と元気な声でご挨拶ができていました。今月20日(金)には、全校児童と対面する「はじめましてよろしく集会」を行います。お時間がありましたら、ぜひご参観ください。

 

しんなん 桜だより 2018.3.24

3月20日に、近畿で最も早く、和歌山市で桜の開花が発表されました。それから一気に、学校でも咲き始め、今日24日は、晴れ渡った青空にひときわ映えるように薄いピンクの花が見事に咲いています。とくに学校の南東角のソメイヨシノは一足早く満開に近い状態です。4枚の写真の中に1枚、赤く芽吹いた葉が写っているのは、昨年秋に玄関前に植え直したセキヤマザクラの苗木です。しっかりと根づき、みずみずしい若葉をのぞかせてくれました。これからも子供達のようにすくすくと育ってほしいです。

6年生、今までありがとう!~卒業を祝う集会から~

3月2日(金)、大勢の保護者・地域の方々に参観いただく中、『卒業を祝う集会』を開催しました。1~5年生の子供達は、今までお世話になった6年生への感謝の気持ちと更なる活躍を祈る期待を込めて、心のこもった歌や力強いメッセージ、それに美しい合奏に和太鼓演奏と各学年ならではの素晴らしい演目を披露。それに応えて6年生は、一人一人が得意なこと、とっておきの一芸を本邦初公開。一輪車、ダンス、アニメの描画、手品、棒登り、点茶、走り高跳び等々、実に多彩なパフォーマンスの連続が会場を大いに沸かせてくれました。6年生と在校生みんなの心が一つになった素晴らしい集会でした。

子どもセンター『親子料理教室』開催

2月3日(土)、子どもセンターでは『親子料理教室』を開催しました。参加者は、児童16名、保護者10名でした。講師の大阪あべの辻調理師専門学校教授 野上昌徳先生のご指導のもと、イタリアの家庭料理で有名な『じゃがいものニョッキ フレッシュトマトのソース和え』に挑戦しました。海外出張の多い先生は、ご多忙な中を毎年この料理教室にお越しくださっています。料理の手順だけでなく、料理にまつわるイタリアの習慣や文化の違いなど興味深いお話をたくさん聞かせてくれました。子供達もお母さんと一緒にできる調理体験をとても楽しんでくれ、親子の心のふれあいにもなったことでしょう。次の機会には、皆さんもぜひご参加ください。

おもちゃランドへレッツゴー!

12月21日(木)の午後、2年生の子供達が考案し、手作りでこしらえた「おもちゃ」で、1年生に楽しんでもらおうという催しが体育館で行われました。「射的ゲーム」や「わなげ」、「ガチャガチャ」「さかなつり」「けん玉」「ボーリング」などさまざまな遊びのコーナーが設けられ、中では、1年生を呼び込むかわいい掛け声が上がっていました。手作りの「おもちゃランド」の魅力に、1年生はみな大喜びでした。2年生、ありがとうございました。

さあ、君もチャンピョンをめざせ!~新南チャレンジランキング大会~

12月5日(火)の午後、中庭や体育館のほか、一部の教室を使って、『新南チャレンジランキング大会』が開催されました。これは、5,6年生の子供達が、計画から運営にいたるすべてを自分たちで行い、下の学年の子供達を招待して楽しんでもらおうという催しです。「伝説の青ザリガニをつりあげろ」や「カーリング」、「ピンポンでポンピン」など、ユニークな種目がそろい、どのコーナーも記録更新に挑む子供達の活気にあふれ、みな心ゆくまで楽しんでいました。

いっぱいの感謝をこめて~感謝と実りの集会~

12月8日(金)の朝、体育館において『感謝と実りの集会』を開催しました。日頃お世話になっている地域の代表の方々をお招きし、子供達が心をこめて感謝のメッセージを書いたカードや手作りのプレゼントをお渡ししました。その後、1年生は『くじらぐも』の音読劇を、4年生は『やってみよう』などの合唱のほか合奏、それに社会見学で学習した和歌山の魅力や見どころをとても分かり易く上手に発表してくれました。6年生は、日頃言えない家族や周りの人々への感謝の言葉を一人ずつ舞台で語り始めると、心に迫るものがあり、後ろで聴かれていた大勢の保護者の方々もきっと感慨ひとしおの思いで聴かれていたことでしょう。そんなドラマティックな発表でした。『千本桜』の合奏も、さすが6年生、迫力満点でした。

親子もちつき大会 ~ぜんざい、おいしかったよ~

   

   

12月9日(土)、子どもセンター主催による「親子もちつき大会」を行いました。中庭で行う予定にしていたのですか、朝方まで、雨が残りましたので、体育館で行うことになりました。民生委員の方々が、ついたおもちでぜんざいを作ってくださり、参会した子供たち、保護者や地域の皆さんは、ぜんざいをおいしくいただきました。また、子供たちは、屋外に用意した杵と臼を使ってもちつきの体験をしました。杵の扱い方に苦労しながらも、子供たちはぺったんぺったんともちをついていました。

このページのトップに戻る