和歌山市立 雑賀小学校

人権教育

1.目標

人権尊重の大切さを自覚して、同和問題の本質を認識し、差別を見抜く力と差別を許さない心情をもち、連帯して問題を解決していく子どもを育成する。

〇友だちの気持ちを理解し、仲良く助け合う子。
〇相手の立場になって考え、行動できる子。
〇みんなのために、責任ある行動ができる子。

2.努力点

〇仲良くともに話し合い行動することを通して、問題を解決した喜びを感得するとともに、力を合わせることの大切さを知り、一人ひとりを認め合える学級・学校づくりに取り組ませる。

〇人間の命の尊厳と、励まし合って生き抜いていく努力を認め、人権侵害の事実や不合理に鋭く気づき、一人ひとりの課題として取り組ませる。

〇教科指導や道徳教育、人権教育、特別活動等の実践を通して、情操を豊かにし、偏見を排除する強い意志をもって事実とその原因を見極め、人権に対する意識を定着させる。

〇社会科学習においては、指導計画に基づき、子どもが主体的に差別の不当性を学び、人権問題を実践的・科学的に認識していく基本的な態度を身につけさせる。

〇動物の飼育や植物の栽培を通して情操を豊かにするとともに、人権に対する理解を深めさせる。

3.学年目標

学年 目標 目指す学級 目指す子どもの姿
ひまわり 友だちと仲良く遊ぶ。 みんな笑顔で楽しい学級。 ・基本的な生活習慣を身につける。
・自他の区別がつき、遊びのルールがわかる。
・「ごめんなさい」「ありがとう」が言える。
1年 友だちを大切にし、仲良くする。 みんなと仲良くできる学級。 ・基本的な生活習慣を身につける。
・人の話を聞く。
・困っている子に優しくできる。
2年 友だちと力を合わせ、助け合う。 みんなと力を合わせ、助け合う学級。 ・基本的な生活習慣を身につける。
・人の話を最後までよく聞き、自分のことをしっかり話す。
・困っている子の気持ちが分かり、手をさしのべる。
3年 相手の立場に立って考え、協力し合う。 一人一人の良さがわかり、本音を出し合える学級。 ・友だちの考えをよく聞く。
・自分の考えをもつ。
・相手の気持ちを思いやることができる。
4年 相手の立場に立って考え、困難にもくじけることなくみんなで力を合わせる。 互いに認め合い、支え合う学級。 ・物事を正しく判断する。
・相手の気持ちを思いやり、行動しようとする。
・力を合わせ、粘り強く最後まで取り組む。
5年 自他の人権を大切にし、常に相手の立場に立って考え、行動する。 互いに認め合い、支え励まし合う学級。 ・身の回りの差別や不合理に気づく。
・相手の考えや思いを理解し、行動する。
・互いに協力し合うことの大切さを実感する。
6年 人権尊重の立場に立って考え、身の回りにある差別や不合理を見抜き、解決していこうとする。 相手を尊重し、励まし合い、みがき合う学級。 ・差別に対して、鋭い感性を磨く。
・相手の立場になって考え、自分を見つめ行動する。
・互いに協力して問題を解決する。

このページのトップに戻る