和歌山市立 雑賀小学校

警報発令時・地震時の扱い

平成29年4月 8日

平成29年度 警報発令・地震・津波等の措置について

和歌山市立雑賀小学校

 

警報発令時・地震発生時には、下記の措置を講じます。ご協力よろしくお願いします。

なお、ご家庭では、テレビ等の「和歌山県紀北の部(和歌山市)の気象情報にご注意ください。

電話でのお問い合わせは控えてください。(緊急時の電話連絡を確保するため)

 

1 登校時に特別警報・暴風警報、大雨警報、津波警報が発令されている場合

①午前10時に発令中の場合は、臨時休業とします。

(このことは、保護者連絡網ではお知らせしません。各家庭で情報を把握してください。)

②午前10時までに、解除された場合は、以下の措置をとります。

午前6時から午前7時30分になる前に解除された場合

通常通り登校し、午前中普通授業を行います。給食はありません。児童は12時下校です。

午前7時30分から午前10時までの間に解除された場合

警報解除時刻より1時間後に、午前中の授業を行います。

給食はありません。児童は12時下校です。

 

☆洪水警報や注意報等の場合は、通学路の安全を確認して登校させてください。ただし、警報等が出されていなくても危険が予想されるとき(川の増水、道路の冠水等)は、保護者の判断で登校を見合わせてください。子どもが川辺に近寄らないよう注意して下さい。

 

2 学校にいるとき、暴風警報、大雨警報が発令された場合地震が発生した場合(警報が発令されることが確実と思われる時を含む)。

☆差し迫った危険が予想されない時には、一斉下校します。

☆津波が予想されるときは、学校で待機させます。

☆下校時警報が出なくても風雨が強い時、下校時刻を少し遅らせることがあります。

☆下校させることが、より危険を増すと考える時は、下校させないで待機させることもあります。

 

3 学校にいるとき、特別警報が発令された場合

☆帰宅させず、学校で待機させます。

 

4 震度5弱以上の地震が発生し、津波等の危険が予測される場合

臨時休業とします。

・震度4以下であっても、登校が困難な場合、保護者の判断で登校を見合わせてください。

津波警報が発令された場合、臨時休業とします

 

5 給食について

朝6時の時点で暴風・大雨警報が発令されている場合、その日の給食は止めます。

その後、10時00分までに警報が解除されても給食はありません。12時下校です。

・台風の接近状況等により、前日の午後5時から8時の時点で「明日の給食を中止する」と

判断する場合があります。その場合「メール連絡システム(未登録家庭には電話)」で連絡します。

このページのトップに戻る