和歌山市立 河北中学校

SDGs(本校での取り組み)

学校教育におけるSDGs

  1. G20ブエノスアイレスサミットにおける議論を踏まえつつ,本校での取り組み目標を以下とする。SDGs
    • 続可能な成長に向けた質の高い教育
      • 基礎学力の保障及びICTを活用した学びの改善
      • 共同学習によるコミュニケーション能力の育成及び考える力の育成
      • 英語教育の充実(スピーキング力、表現力の育成)
    •  イノベーションを生む教育
      • STI(科学技術イノベーション)を担う人材育成の推進
        • 数理教育の充実(数学科←少人数指導)
    • 強靱で包摂的な未来をつくる教育
      • 特別支援教育の充実
        • 個に応じた支援・教育の推進
    • 働き方改革の着実な実施
      • 教職員の働き方改革の推進
        • ノー残業デーの推進
        • クラウドサービス及びICT等の活用による校務の効率化

育友会活動におけるSDGs

  • SDGs(持続可能な開発目標)取り組み目標を以下とする。
    • 子どもの安全
            ・性被害,虐待,人権問題等への対応
    • 女性に対する暴力根絶
    • 防災対策
      ・育友会活動としての避難所運営にかかわる取組の検討

ごあいさつ

本校では、個々の子どもたちの特性に応じた適切な指導、支援をおこなうことで、それぞれの生徒の能力にあった力の育成に励んでいるところです。

さて、近年、注目されてきているSDGs(ユネスコ・持続可能な開発目標)は、企業、学校教育等で取り組まれてきていますが、この17目標すべてを達成するための鍵の一つが、ESD(持続可能な開発のための教育=Education for Sustainable Development)です。

これは、人類が将来の世代にわたり恵み豊かな生活を確保できるよう、気候変動、生物多様性の喪失、資源の枯渇、貧困の拡大等、人類の開発活動に起因する現代社会における様々な問題を、各人が自らの問題として主体的に捉え、身近なところから取り組むことで、それらの問題の解決につながる新たな価値観や行動等の変容をもたらし、もって持続可能な社会を実現していくことを目指して行う学習・教育活動であります。

○持続可能な社会づくりを構成する「6つの視点」として

Ⅰ 多様性(いろいろある) Ⅱ相互性(関わりあってる) Ⅲ 有限性(限りがある)

Ⅳ 公平性(一人一人大切に) Ⅴ 連携性(力を合わせて) Ⅵ 責任性(責任を持って)

○持続可能の社会づくりのための 課題解決に必要な「7つの能力・態度」は、

①批判的に考える力  ②未来像を予測して計画を立てる力

③多面的・総合的に考える力  ④コミュニケーションを行う力

⑤他者と協力する力  ⑥つながりを尊重する態度  ⑦進んで参加する態度

 これら(SDGs)の趣旨は、学習指導要領の全文及び総則にも盛り込まれ「持続可能な社会の創り手となる」ことができるように教育していくことが、求められています。

これからの、情報社会が進展する世の中で、子どもたちがよりよく生きていくため、教育活動において。継続しいて研究・実践を進めていくことが、子どもたちの生涯の生き抜く力を育成していくことにつながると考えます。

本校においても、生徒個々の生涯生き抜いていく力の育成のため、個々の生徒に応じた支援を行い生きる力の育成を図っていきたいと考えています。

令和元年12月2日

和歌山市立河北中学校 学校長

冬休みの宿題

・宿題は、計画的に行いましょう。1,2年生は、1.2学期の復習を行っておきましょう。
2年生は、2月に評価テストがあります。
・3年生は、入学試験・検査に向けて、復習等をしっかりとおこなっておきましょう。

令和元年度 和歌山県評価テスト(2月実施予定)

  1. 対象学年 2年生
  2.  実施教科
    • 国語、数学、理科、英語

地震が起こった場合の対応

登下校時に地震が起こった場合の対応について

登下校時に、地震が起こった場合の対応として、学校では次の指導を行います。また、ご家庭でも同様にお子様に注意をしていただきますようお願いいたします。

≪地震が起こった時≫

  1. 動けなければ、姿勢を下げて、頭を守る。動けるならば、落ち着いて、身近な安全な場所へ。
  2. 電柱、壁などから離れる。
  3. 橋等から離れる。
  4. その他、危険と思われる場所から離れる。
  5. 家等の屋根からの落下物に注意をする。(カバンなどで頭を隠す。)
    落下物例(コンクリートの塊、看板の残骸、壁のタイル、屋上のエアコンの機械 等)
  6. 自転車を降りて安全と思われる場所に避難する。

≪地震後≫

  1. 安全な場所に避難する。
  2. 火災地点等に近づかない。
  3. ガラス片などに注意して歩く。

和歌山市教育論文受賞者

平成30年度 和歌山市教育論文 受賞者(本校)

学校における教職員の働き方の改善に向けた取り組みについて

  • 日頃より、和歌山市の教育にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
    学校を取り巻く環境は、複雑化・多様化し、学校に求められる役割が拡大しております。こうした中、学校において教職員は日々子供たちと向き合い、努力を重ねているところです。
    全国的にも学校における「働き方改革」が課題となっておりますが、教員の多忙化対策を行い、教員が今まで以上に子供たちに向き合う時間を確保することや授業の準備をしっかり行うこと、また、教員自身が指導力や授業力を高めるための時間を確保することは、子供たちのためにとても重要です。
    和歌山県は平成30年5月に「教職員の働き方改革推進プラン」を策定し、教員の業務の見直しなど、様々な多忙化対策に取り組んでいますが、その取り組みの一つとして、保護者の皆様方に次のお願いをさせていただきます。
    子供たちが健やかに成長するためには、教員自身が生き生きとした姿で子供たちの前に立つことが求められています。引き続き、その環境づくりへのご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
    【保護者の皆様へのお願い】
  • 勤務時間終了後は原則定時退勤とし、遅くとも、19時の退勤を目標とします。
    (勤務時間 午前8時20分から午後4時50分まで)
  • 特別な事情がある場合を除き、夜間は学校への電話連絡を控えていただきますよご協力をお願いします。勤務時間終了後は、電話がつながらない場合もございますのでご了承ください。
  • 勤務時間終了後でも必要に応じて、学校から保護者の方へ連絡を行う場合がございます。
  • 勤務時間終了後にご相談等を希望される場合は、事前に学校にご連絡ください。
  • 和歌山市教育委員会教育長
    和歌山市立河北中学校校長
  • 配付文書PDF

インフルエンザによる欠席届

インフルエンザによる欠席届(PDF)

インフルエンザについて

  • インフルエンザが小中学校で、出始めました。インフルエンザは、学校感染症に指定されています。
    お子様が、罹患された場合は、必ず学校に報告をお願いいたします。欠席は、出席停止あつかいとなります。
  • なお、出席停止期間は、発症したのち5日を経過し、かつ解熱したのち2日を経過するまでとなっています。
    (発症した日は、数えない)また、欠席届をご提出願います。本ページからダウンロードできますが、12月4日発行の12月号「ほけんだより」の裏面にありますのでご利用ください。

平成30年度設備整備実績

※1学期整備実績
  1. 本館2階 男女洋式トイレの温水便座洗浄トイレへの改修
  2. 自転車置場の支柱の補強工事
  3. 玄関先池の排水管の修繕
  4. 生徒指導室改修
  5. 体育館コンセント(6っか所)の補強修繕
  6. 体育館に工場扇配置
  7. プールの修繕工事(ポンプ等)
  8. 1,2年生普通教室(8教室)への50インチモニターの設置(ミラキャスト付)
  9. ノート(PC80台)配備
  10. 玄関(校門)インターフォン設置

※2学期整備実績
  1. 無線アクセスポイント設置(特別支援教室、理科室)
※3学期整備実績
  1. 野球部 防球ネット溶接修理
  2. 体育館バスケットリング昇降機修理
  3. 職員室エアコン修理
台風21号による被害復旧状況
  • 下水浄化槽煙突修繕
  • 南棟コンピュータ室換気扇修理
  • 南棟換気口修繕
  • 校内がれき撤去
  • 南館窓ガラス補修完了
  • 下水浄化槽換気煙突撤去
  • 国道26号線側防球ネット補修完了

自転車置き場の改修について

  • 本校生徒自転車置き場の屋根(ポート)の支柱がさびでくさっており、ここ数年倒壊の恐れのある危険な状態でありましたが、今年7月に補修を行いました。
  • 赤丸の部分が補修箇所(6カ所)

このページのトップに戻る