和歌山市立 新南小学校 ❀❀❀❀❀❀❀ Shinnan Elementary School

飼育小屋

 今、飼育小屋に 黒ウサギが1羽、ウコッケイが2羽います。
 いつも、世話をしている飼育委員さんが名前をつけてくれました。
 ウコッケイには「うみ」と「そら」
 ウサギには「クローバー」という
かわいい名前がつきました。
 みんなにかわいがってもらえるといいですね。

遠足(4年)

 4年生は午前中に(株)角長へ出かけ、醤油ができるまでの工程を見学させていただきました。
 午後からは、「稲むらの火の館」へ行き、津波から村人を守るために活躍した浜口梧陵について学びました。また、梧陵が村人のために建造した広の堤防で、地元の方からお話を聞きながら、自分たちの目と足で梧陵の業績にふれることができました。

遠足(1・2年)

 1・2年生は海南の自然博物館に行きました。スイミーに出てくる「にじ色のゼリーのようなクラゲ」や「水中ブルドーザーみたいないせえび」発見!! 大水槽のエイとにらめっこ。直接手で触れるプールでヒトデをグニュッ!! っと大大満足でした。
 わんぱく公園では貸し切り状態。芝の坂を手をつないで「いくぞー!!」と駆け下りては登り、また駆け下りては登り。めいいっぱい公園を遊びつくしました。

 

遠足(3年)

 9日(金) 3年生は関西電力御坊発電所と日高港新エネルギパークに出かけました。
 発電所では、電気が生まれて使われるまでの流れを教えていただきました。実際に蒸気をつくってタービンを回し電気がつくという実験も見ることができました。
 また、EEパークではいろいろな新エネルギーについて、見て体験しながら学習することができました。ソーラーカーでのエコドライブ!!少し緊張したけれども、うまく運転することができました。

やまなし

 校内を歩いていると、写真の絵が掲示しているのを見つけました。6年生が国語で学習している「やまなし」のイメージを絵にしたものです。
 12月の川面に落ちてきたやまなしの実。それを川底からながめるかにの親子のようすが生き生きと描かれていて、思わず写真を撮りました。
 6年A組、T君の作品です。

交流給食(1年)

  6日(火)、いつも下校の時に道で安全指導をしていただいている「青少年サポートチーム」の方々を招いて交流給食会を開きました。13人の方が参加してくださいました。はじめに、昔の話を聞き、そのあと子ども達手作りのおもちゃを使って一緒に遊んでもらいました。
 給食の時間は、各グループに入っていただき、いろんなお話を聞きながら楽しく過ごしました。
 サポートチームの皆さん、これからもよろしくお願いします。

和歌山のかき(4年)

 6日(火)県の果樹園芸課から、和歌山でとれた「柿」が新南小学校に贈呈されました。贈呈式で柿のお話を聞いた後、4年生の教室では総合的な学習『和歌山の特産物をじまんしよう』が行われました。いただいた柿を果物ナイフで皮をむき、味見もさせてもらいました。ほとんどの子はナイフを使った経験がなく、おそるおそる皮をむきました。自分でむいて食べた柿はとてもおいしかったようです。

親子清掃

 4日、親子清掃がおこなわれました。
 日曜日にもかかわらず親子あわせて151人も参加してくれました。教室の窓を拭いたり、扇風機を洗って片付けたり、ふだんできないところをとてもきれいにそうじしてくれました。
 また、清掃終了後、保護者の方が寄贈してくださった木片に、色とりどりのペンキを塗って、積み木を作りました。積み木は中庭において子ども達が遊ぶのに使います。
 参加してくださった保護者・児童の皆さん、学校がすごくきれいになりました。ありがとうございました。

スーパーマーケットの見学(3年)

 10/29(火)3年生が社会科の「店ではたらく人びとの仕事」の学習で、近くのスーパーマーケットに見学に行きました。
 店の人は、ふだんは入れないところまで案内してくれて、とてもていねいに説明してくれました。
 見学した子ども達は、最後にいっぱい質問してとても勉強になりました。

みかん

  みかん大好きという3年生のMさん。
 毎朝 「あのみかん 食べたい!」
とうったえてきます。
 「あのみかんはすっぱいよ。まだ未完成」
 なんてだじゃれを言いながら答えていますが、
 いちど気のすむまで食べさせてあげようかな。

加太合宿(5年)

 10月25日(木)26日(金)と5年生が加太少年自然の家に宿泊体験学習に行ってきました。1日目は、まずカレー作り。ご飯を炊く子と野菜を切る子に分かれました。自分たちで作ったカレーの味は最高で、何杯もおかわりする子がいました。午後は「スコアーOL」。加太の山中を走り回ってポイントの札をさがしました。夕べの集いでは淡路島に沈む夕日をみんなで眺めました。夜は山中きもだめし。山に登る前から泣き出す子が続出。でも、グループで励まし合いながら無事山を下りてきました。2日目はわんぱくアスレと冒険トリムで山中を駆け回り、その後体育館で「焼き板クラフト作り」。カラフルな絵の具を使って焼き板に思い思いの言葉や絵を描きました。秋晴れの好天にも恵まれ、友だちと協力することの大切さを学んだ、楽しい二日間でした。

華岡青洲の里見学(4年)

  22日(月)、4年生は紀の川市那賀の華岡青洲の里に見学に行きました。華岡青洲は世界で初めて麻酔を使って手術した人です。子ども達はまず資料館で学芸員の方から説明を聞き、その後春林軒を見学し、先人の業績にふれました。

陸上競技大会

 
 20日(土)和歌山大学グランドで、和歌山市の陸上競技大会が開かれました。本校から8人の選手が出場しました。選手たちは、毎日放課後練習した成果を出そうとがんばり、7位や8位に入ったものの、残念ながら6位入賞の表彰式に残れませんでした。5年生も多かったので、来年に期待したいです。

バスピン教室

  6日(土)子どもセンターの主催で、バスピン(バスケットピンポン)教室が開かれました。参加した児童は28人。協会の方も3人来られて、ルール等、説明・指導してくださいました。バスピンを初めてする子も多く、最初は慣れないようでしたが、だんだんコツが分かってくると、楽しそうにプレーしていました。

ミシンの使い方、教えてもらいました。

  5年生は家庭科で初めてミシンの使い方を学習しています。10/2(火)には、地域の婦人会の方が学校に来られて、ミシンの使い方を教えていただきました。家庭科の先生だけでは、一人一人の指導が行き届かない面もありますが、各グループについていただくので、学習もスムーズに進み、子ども達も早くマスターできました。ここで覚えたミシンを使って、これからエプロンを作る予定です。

運動会

 30日(土)待ちに待った運動会が開かれました。9月に入ってから、子ども達が猛練習を重ねた成果を保護者や地域の皆様に見ていただきました。台風17号が接近する中、午後から小雨がちらつき、心配されましたが、プログラムを一部変更しながら、何とか最後までやりきることができました。子ども達も自分の力を精一杯出し切って、満足のできる運動会になったようです。

応援合戦の練習

    いよいよ運動会が近づいてきました。どの学年も練習の仕上げに入ってきました。新南小学校の運動会は赤組・白組に分かれて得点を競うので、応援にも熱が入ります。昼休憩後のプログラムには「応援合戦」があります。6年生が中心になって、曲を選びダンスの振り付けも考えます。運動会までは毎朝、朝の会で下の学年に指導に行きます。(写真)子ども達もかけ声をあげながら、リズムに乗って元気に踊っています。

稲刈り(5年)

 運動会の練習真っ最中の19日、5年生で稲刈りをしました。5月に発泡スチロールに小さな苗を植え、枯れそうになりましたが、だんだんと順調に育った稲。刈る前には黄金色の稲になり、子ども達も大喜びでした。
 いざ稲刈り。鎌の使い方を教えてもらい、手に気をつけて稲を刈りました。「引っ張って…ザクッと切る!」といいながらグループで協力して刈りました。今回刈った稲は10月末の加太合宿に持っていきます。自分たちの作ったお米…いつもとひと味違うでしょうね。子ども達も今から楽しみのようです。

バス会社の見学(2年)

  9/21(金) 町たんけんPartⅡとして、バス会社の見学に行ってきました。観光バスと回線バスの2種類に乗せていただき、中でそのちがいについて話を聞きました。子ども達の質問にも優しくていねいに答えていただき、さらに、運転席に座ってドアの開閉も体験させていただきました。最後にバスの洗車機(写真)を見せてもらい、その大きさに子ども達は「かっこいい」「すごい」と感心していました。

このページのトップに戻る