和歌山市立 西脇幼稚園

交通安全教室(2月12日)

10時15分から11時まで、JAFの交通安全教室を開いてくれました。

「手を挙げて、横断歩道を渡るのは、車の運転手さんに、私は、渡りますよ。立っていますよ」と、合図をすることで、安全に渡れるのですね。

しっかり、合図をして、安全を確かめて渡ることを学びました。

和歌山市幼稚園PTA研修会(2月8日 市民会館)

年二回、保護者研修が行われます。毎回、1代表して0人ほどの保護者が研修にいかれます。西脇幼稚園では、全保護者に研修内容を伝えるために、参加してくれた保護者の方に、短い感想文を提出していただき、ここに掲載しています。また、少額ですが、保護者会規定で「1人、出張費500円」を保護者会会長から、行かれた保護者の方に渡しています。

今回の研修は、園長が40年前に出会った方で、2年前にはそのグループに研修講師として呼んでいただいた方でした。

「見方がかわれば、味方ができる」ということを話ししたときに、お渡しした資料を今日の講演で使ってくれていました。いわゆる「錯覚」の図です。

演台で話をされるのでなく、フロアーに降りて会をすすめられました。そして、グループワークで、参加者の和気あいあいとした交流を大事にしながら、子育てについてのヒントを話されていました。

【保護者感想】

1.とてもためになりました。8秒刃具したいとおもいます。

2.毎日怒っている自分ですが、自分の良いところ、頑張っているところを探して、自分をほめてあげる!ということが、日々の子供への接し方や育て方が変わってくるとの話を聞いて、もっと自分のがんばりを当たり前の家事や行動をほめてあげようとおもいました。素敵なお話、ありがとうございました。

3.先生が壇上から降りてフロアーを回りながら講演をしてくださいました。私たちと目線を合わせてお話ししてくださり、講演中、私たちはグループワークとして最近会った自分をほめる出来事や自分の長所・短所をディスカッションすることで、自分の気持ちに向き合うことができました。そして、相手の気持ちを考えるには、自分の気持ちに向き合うことが大事なことを教わりました。子育てにおいて大事なことは、子供の気持ちに寄り添うこと。これからの子育てで生かしていきたいと思います。

4.自分の長所・短所についてみんなで話しました。長所とは、なかなか言えないものです。短所はいいやすがったです。子供の短所ばかりが目につき、叱ってばかりいるような気がします。子供の長所をしっかりほめられているかな?なかなかできていないような気がします。帰ってから4人の子供のそれぞれの長所を書き出してみることにしました。長所を認めほめられると私は嬉しかったです。きっと子供たちもそうだと思いました。子供たちが持っているそれぞれの個性・長所をしっかりほめていこうと思いました。

 

 

「小学校は楽しいところだよ!」(2月6日 5歳児小学校探検と見学)

小学校1年生の先輩につれってもらって、学校探検をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあと、教室で、ランドセルを背中に背負わせていただいたり、塗り絵をして楽しみました。

幼稚園に帰ってくるとき、子供たちは「小学校は楽しい!」と、期待を胸にした言葉を口々に話してくれました。

海遊館へお別れ遠足(2月15日)

朝が早い出発であったが時間どおり出発できた。

1名の欠席があったが、参加した園児は元気いっぱいで、子ども達の明るい笑顔を眺めながらの楽しい遠足となった。1時間以上のバスも誰一人気分を悪くする園児もなく、目的地に付くことが出来た。海遊館は、他園の見学者も多かったが、いろいろな魚を覗き込んでは興味を示したりし、子ども達は十二分に楽しめたようであった。

一人の怪我もなく全員無事に園に着き、笑顔でおうちの人に遠足の話をする親子の降園を見送った。子ども達にとって思い出に残るお別れ遠足となった。

節分集会(2月1日)

園庭がぬれていたので、2階の遊戯室で、集会を行いました。

まず、先生の「節分のお話」がありました。ペープサートのように、絵で子供たちも興味をもって聞いていました。

そのあと、「鬼は外」と、豆に見立てた、新聞紙を小さく丸めた豆を投げ合う遊びをしました。

外での豆まきを後日行うのだそうです。

保育所さんの大根ぬき

幼稚園にたくさん大根ができました。おでんにして、地域の方にも来ていただき、おいしく食べました。

木曜日のおやつにも、大根をおいしく食べました。

それから、幼稚園の園児全員、おうちの方と一緒に大根を抜いて、持って帰りました。

せっかくの機会なので、保育所の子供たちにもプレゼントしたいと思い、大根を抜くのを楽しんでもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園も、保育所も、「大事な西脇の子供」ですから。

さて、まだまだ大根があります。

2日前の記事にもありますが、

大根のほしい方に、1日1本プレゼントしています。

(みなさんに何回も楽しんでいただくように1日1本です。毎日でもどうぞ!)

幼稚園の保護者の方はもちろんですが、幼稚園に来られた地域の未就園児の方にも、プレゼントしています。いつでもどうぞ!

大根のプレゼント(1月31日)

大根を、降園時に、おうちの方と抜きました。

保育所さんにも、大根をプレゼントしました。

そこで・・・

12日からは、ほしい時「1日1本大根プレゼント」です。

降園時、子供さんと「1本」(みなさんに、何度も楽しんでいただくために「1日1本」です。)ぬいてくださいね。

本年度最後のサッカー教室(2月4日)

学期に一度、サッカー教室を開いてくれています。

昨夜の雨で、芝生が湿っていたのですが、最後のサッカー教室が外でできればと、水をたくさんの雑巾で吸い取り、なんとかすることができました。

最後に子供たちから、「お礼のお手紙」をまとめてプレゼントを渡すことができました。

このページのトップに戻る