硬式野球部

戦績と出身者

戦 績 1964年 – 第36回選抜甲子園に初出場。

1965年 – 第37回選抜甲子園に2年連続2回目の出場で全国準優勝。

1967年 – 第39回選抜甲子園に2年ぶり3回目の出場。

第49回夏の甲子園初出場。初の春夏連続甲子園出場。

1994年 – 第76回夏の甲子園27年ぶり2回目の出場。

2004年 – 第86回夏の甲子園10年ぶり3回目の出場。37年ぶりの初戦突破。

2005年 – 第77回選抜甲子園で38年ぶり4回目の出場で、2季連続の甲子園出場。

2014年 – 第96回夏の甲子園10年ぶり4回目の甲子園出場。

2016年 – 第88回選抜甲子園に11年ぶり5回目の出場。

第98回夏の甲子園2年ぶり5回目の出場。春夏連続甲子園出場。

2019年 – 第91回選抜甲子園に3年ぶり6回目の出場。ベスト8。

2021年 – 第93回選抜甲子園に2年ぶり7回目の出場。

出身者 藤田平(元プロ野球選手、元阪神タイガース監督、野球解説者)

野上俊夫(元プロ野球選手)

阪田隆(元プロ野球選手)

山本和樹(元プロ野球選手)

正田耕三(元プロ野球選手、起亜タイガースコーチ)

松本尚樹(元プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ球団本部長)

井上紘一(元プロ野球選手)

田村領平(元プロ野球選手)

玉置隆(元プロ野球選手、新日鐵住金鹿島)

川端慎吾(プロ野球選手、東京ヤクルトスワローズ)

阪口哲也(元プロ野球選手、パナソニック)

益田直也(プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ)

三家和真(プロ野球選手、千葉ロッテマリーンズ)

川端友紀(元女子プロ野球選手、埼玉アストライア) – 在学当時はソフトボール部所属、川端慎吾の妹、益田直也とは同級生。

 

このページのトップに戻る