和歌山市立東中学校

GIGAスクールの活用が始まっています

今年度から1人1台のパソコンを使って授業が進められるよう、市が準備を進めてくれていました。いよいよ準備も整い、本格的な活用することができました。今回は、数学科で市教科研究会の研究授業の一つとして実践しています。この時は、班に1台パソコンを使って、協働な学びを行っている様子です。これから、少しずつではありますが、様々な場面で活用することができればと考えています。

始業式・対面式

4月9日(金)、始業式と対面式を行いました。まだまだ新型コロナウイルスの感染は弱まっていません。全校生徒が体育館に入るのは難しいと判断してグランドでの式となりました。全校生徒が集まっての式は本当に久しぶりのものとなりましたが、このようにいい天気に恵まれできたことはうれしく思います。

今日から本格的に令和3年度の始まりです。それぞれが役割を全うしてこの東中学校を盛り上げていきましょう。時には、航海に出た船のように嵐に打たれることもあるでしょう。そんな時こそ一致団結して困難を乗り越えていければと思います。それぞれの学年が、それぞれの目標をもって臨むとともに、今年度末にはその目標が達成できていることを期待します。

和歌山市中学校美術展が催されました

2月13日(土)・14日(日)に和歌山市中学校美術展が催されました。各学校の素晴らしい作品が展示されていて、興味深い創作物がたくさんありました。本校からも代表作品が展示され、多くの人に見ていただくことができました。

アレルギー対策の研修をしました

2月3日(水)に日本赤十字社和歌山医療センター小児科の吉田晃先生をお招きして、アレルギーによるアナフィラキシーショックが発生した場合の対応方法について研修を行いました。食物アレルギーの種類やその症状などを聞き、一番の対応策はエピペンという注射を打つことだと教わりました。「迷ったら打つ」ということなので、この言葉を肝に銘じて今後も取り組んでいきたいと思います。

保健体育科の研究授業が行われました

1月26日(火)に本校、原教諭による保健体育科の研究授業が行われました。和歌山市教育委員会学校教育課と教育研究所の方から指導主事先生も来ていただき指導を仰ぐことができました。授業は、ICTやグループ学習を活用するなどしっかりと工夫が施された授業になっていました。保健分野の授業は、体育実技に比べると少ない時間で行われているため、原先生にとっても慣れない授業だったと思いますが、良い参考となる授業だったと思います。何より先生の笑顔と聞き取りやすい話口調は、授業に安心感を漂わせる環境づくりが施されたいたように思います。

文化展示会を開催しました

10月30日(金)に、文化部や授業で作成した作品を展示し、全校生徒で鑑賞しました。コロナで発表の場を失われることが多かった今年ですが、やっと発表の場を得ることができました。保護者の皆様には、鑑賞いただくことができず残念ですが、立派な作品がたくさん展示され、いい展示会になりました。

理科の研究授業が行われました

10月16日(金)に、県教育委員会義務教育課、市教育委員会学校教育課、市教育委員会教育研究所のそれぞれから指導主事の先生が来られ、1日本校の取組について授業参観されました。6時間目には、本校辻岡教諭が2年5組のクラスで理科の研究授業を行いました。唾液のはたらきを調べる実験で、周到な準備で分かりやすい授業を進めてくれていたと思います。授業終了後は、参観者でKJ法を用いた協議を行いました。今回は、田村教諭がファシリテートを行い、中身を深められる協議が行うことができました。本来ならば全教員が参観するはずでしたが、コロナの関係で教科担当のみの参観となってしまい、いい授業だっただけに残念でした。早く、みんなが研究できる状況に戻ってほしいと思います。

 

 

教育実習生の研究授業

9月24日(木)に和歌山大学から来ていた教育実習生2人が研究授業を行いました。実習期間は8月31日~9月25日の4週間で、1年生に社会科の先生、2年生に理科の先生が実習生として頑張ってくれました。2人ともこの4週間で鍛えられた授業力をしっかりと発揮できていたと思います。大学に帰っても勉学に励んでもらって、立派な教師になって戻ってきてほしいと思います。

横断歩道がきれいになりました

9月11日(金)の朝、警察署の方が正門前の横断歩道に自転車用歩道をきれいに描いてくれました。毎朝、交通量の多い道をたくさんの生徒が登校のためこの道を横断しています。先日警察の方が、その様子を見て少しでも安全にできればと今回このように横断歩道をきれいにしてくれました。生徒の皆さんは、これからも安全に登校ができるよう、交通ルールをしっかり守ってほしいと思います。

テントとスポットクーラーを寄贈していただきました

立秋が過ぎても、なお暑さが増している毎日が続いています。学校の教育活動も暑さに耐えながらなんとか乗り切っている状態です。そんな中、育友会からクイックテントとスポットクーラーを寄贈していただきました。部活動や体育の時間は、グランドでは日陰がなく、体育館には涼めるところがありませんでした。おかげさまで、少しばかりか涼がとれる環境にすることができました。涼をとれる環境があることが熱中症予防に大きな役割を果たしてくれるでしょう。本当にありがとうございました。

このページのトップに戻る