和歌山市立 城東中学校

警報時の授業

特別警報・暴風警報及び大雨警報等の発表時における家庭の措置について(平成29年度)

特別警報、暴風警報及び大雨警報等が発表されたときの生徒の登下校については、下記の要領で対応してください。

また、「和歌山市」に警報が発表された場合のみ適用となりますので、ご注意ください。

1 暴風警報または大雨警報が発表されている場合

登校前に「特別警報」、「暴風警報」、「大雨警報」が「和歌山市」に発表されている時は、自宅で待機し、警報が解除された場合は、下記のように対応してください。
(注意報発令の場合は、平常通り授業を行ないます。)

(1)午前11時00分(ちょうどを含む)までに解除された場合
・速やかに登校させてください。 この場合は、昼食を持参してください。

・ただし、警報が解除されても次のような場合は、登校を見合わせ、早急にこの旨を担任に連絡してください。
*各家庭・地区の被害状況からみて、保護者が登校困難と判断した時
*通学路状態からみて、保護者が危険、又は、登校困難と判断した時

(2)午前11時00分(ちょうどを除く)~正午(ちょうどを含む)までに解除された場合
・午後の平常授業を行います。 昼食を済ませて、午後1時20分までに登校させてください。

(3)正午(ちょうどを除く)を過ぎても解除されない場合
・終日、臨時休業(休校)とします。

2 震度5以上の地震が発生し、津波等の危険が予測される場合

・自宅で待機してください。

3 在校時に警報が発令された場合

・在校中に「暴風警報」か「大雨警報」が発令された時、又は、震度5以上の地震が発生した時は、通学路の安全を確認の上、すみやかに下校させます。

・帰宅させることでより危険が増す場合は、下校させないで危険がなくなるまで学校待機とします。

・在校中に「特別警報」が発令された場合は、原則として学校待機とします。

・下校後は、自宅で待機し、ニュ-ス等に十分注意し、外出して事故に遭うことのないよう、ご家庭でも十分なご配慮をお願いいたします。

・下校後、正午までに警報が解除された時は、登校させてください。この場合、制服が雨でぬれていることも予想されるので、体操服で登校させていただいてもかまいません。
正午(ちょうどを除く)を過ぎても解除されない時は、終日臨時休業とします

4 その他の警報が発令されている場合

・その他の警報については、校区の実情に応じて必要な措置を講じますが、校区内、 家庭及び通学路が危険な状態でない限り、授業は平常どおり行います。

・避難勧告、避難指示により学校が避難所となる場合は、臨時休業とします。

5 特別措置が報道された場合

・上記以外にラジオ・テレビにより、和歌山市内中学校に対して特別措置が報道されたときは、その指示に従ってください。

6 気象警報発表時の給食

(1)気象警報発令が予想されるため、前日に給食中止を決定した場合・・・給食費を返金します。

(2)当日朝6時現在で気象警報が発表されている場合・・・給食は中止、給食費を返金します。

(3)当日朝6時を過ぎて気象警報が発令された場合・・・給食は中止、給食費は返金しません。

※気象警報が解除され登校する場合は、お弁当を用意してください。

7 その他

・警報が発表されていない場合でも、地域的に危険が予想される時は、保護者の判断で登校を見合わせてください。また、早急にその旨を、担任に連絡してください。

※ 問い合わせの電話が多くなると、学校として対応ができかねる状態となりますので、
本事項を参照に、ご家庭での判断をお願いいたします。

このページのトップに戻る