和歌山市立 山東小学校

校区の状況

山東小学校は、和歌山市の東部に位置し、東は東山東、西は安原、北は岡崎、南は海南市に境を接しており、三方を山に囲まれた自然豊かな地域で、伊太祈曽・口須佐・奥須佐・吉礼・頭陀寺・吉里・境原・相坂の地区より成り立つ。

昭和42年ごろから菖蒲ケ丘団地・分譲住宅地の造成が進み、校区は、農村地帯から住宅地へと変わり、その変容は著しいものがある。

校区には、木の神で知られる伊太祈曽神社や都麻津姫神社があり、また校区の東部には熊野古道が通じており、歴史的遺産を有する地区でもある。

かつては、児童数965人、25学級のマンモス校であったが、現在は、児童数227人、9学級となかよし学級2の合計11学級の中規模の学校である。

このページのトップに戻る