和歌山市立 西脇小学校

沿革史

明治9年6月  西庄小学校を西庄村の願成寺内に創立。(児童数29人)
明治34年10月  本脇小学校を本脇浦に創立。(児童数82人)

大正9年3月  現在地に新校舎を建設し、移転する。教室1棟(3教室)増築、尋常科9学級、高等科1学級。
体育奨励会うまれる。
大正12年1月  ニ里ヶ浜で体育大会開催。

昭和 4年  特別大校舎(講堂)・普通教室・理科手芸室2棟の落成式。
昭和16年   西脇野尋常高等小学校を西脇野国民学校と改称、初等科12、高等科2、家政女学校1の15学級。
昭和31年  和歌山市に合併、和歌山市立西脇小学校と改称。
昭和39年  給食室および付属設備竣工
昭和44年7月3日  プール竣工式、プール開き(兵頭秀子氏(旧姓前畑)の模範水泳と岩倉流宗家による古式泳法の披露、児童代表による泳ぎ初めを行う。)
昭和47年  南鉄筋新教室(6教室)竣工。
昭和51年11月18日  (創立百周年記念)創立百周年記念式典及び記念演奏会を盛大に開催する。
昭和53年  西鉄筋校舎増築(普通教室2、家庭科1)
昭和54年  第28回近畿放送教育研究大会、会場校。NHK学校放送研究委嘱校。
昭和56年  児童数の過密化に伴い、八幡台小学校へ、教職員4名転出。

平成元年8月  廊下壁面、渡廊下塗装、屋内体育館屋根改修塗装、緞帳新調。
平成13年4月  若竹学級開設。
平成15年4月  特別支援教育推進モデル事業(県指定2年間)
平成17年4月  和歌山市教育研究学校の指定を受ける。(2年間)
平成20年4月  耐震工事開始(7月18日から)
平成22年4月 新設給食棟、屋内運動場工事(5月末から)
平成23年4月 新設屋内運動場(8月末完成)
平成23年11月22日 屋内運動場竣工式
平成24年7月27日 マンホールトイレ設置工事完了
平成24年9月7日 ロンドンオリンピック銅メダリスト湯元進一選手の表彰式典を体育館にて
行う。
平成24年9月11日 ロンドンオリンピック銅メダリスト湯元進一選手との交流会
平成24年11月1日 近畿音楽教育研究大会和歌山大会の4年生の提案授業を体育館で行
う。
平成25年4月15日 スクールカウンセラーが月に2回派遣される。
平成25年5月11日 5教室に扇風機を取り付ける。
平成25年7月22日 パソコン教室にクーラーを取り付ける。
平成25年10月30日 5年生が2泊3日の秋津野ガルテン宿泊体験学習を行う。(11月1日
まで)
平成25年11月14日 租税教室推進校として表彰される。
平成26年5月20日 磯ノ浦クリーン作戦を実施
平成27年1月30日 第15回環境美化教育優良校として表彰される。
平成27年6月29日 創立139回目を迎える。
平成28年6月29日 創立140周年を迎え、体育館にて記念集会を行う。

平成29年4月    17学級(特別支援学級3を含む)児童431名、教職員30名。

平成30年4月    17学級(特別支援学級3を含む)児童416名、教職員30名。

平成31年4月    15学級(特別支援学級3を含む)児童413名、教職員27名。

令和 2年4月    14学級(特別支援学級3を含む)児童393名、教職員27名。

令和 3年4月    15学級(特別支援学級3を含む)児童354名、教職員27名。

 

このページのトップに戻る