警報発表時の扱い

暴風警報・大雨警報発表時及び地震発生時の対応について

◎暴風警報・大雨警報・大津波警報が発表されている場合(特別警報発表を含む)
園児が登園するまでに、和歌山市に上記の警報が発表されている時は、自宅待機となります。なお、午前10時の時点でも解除されていない時は、臨時休園となります。
外出させないで、各家庭で過ごしてください。

◎洪水警報が発表されている場合
充分気をつけて登園させてください。但し、地区によっては、河川が氾濫して道路が浸水し、危険なところもありますので、保護者の皆様の判断で登園を見合わせて下さい。その時は、園までご連絡ください。

◎震度5弱以上の地震発生の場合
危険が予測されるため、臨時休園となります。翌日以後は地域内の被害状況等により判断しますので、連絡があるまで登園させないでください。
なお、震度4以下の地震であっても被害がひどく、登園が困難な状況になった場合も登園を見合わせてください。
※いろいろの状況で判断しにくい面もあるかと思われますが、出席・欠席にとらわれることなく、園児の生命を危険から守るという観点でお願いいたします。

◎風水害時の給食について
下記の状況の時は、給食を中止せざるを得ないこともありますので、ご理解いただけますようよろしくお願いします。
《給食の停止について》
・午前6時の時点で特別警報・暴風警報・大雨警報・大津波警報が発表されている時、その後に解除されても給食はありません。
・台風が発生し、その通路予想が四国・近畿地方へ接近、または上陸の恐れがある場合、前日の午後5時から7時の時点で、市内の小学校、幼稚園一斉に翌日の給食の中止を決定することがあります。
★前日に給食の中止が決定された場合は、メールシステムを使って連絡します。
★給食の中止を決定した時は、当日台風がそれた場合もしくは遅れた場合でも、給食はなしで午前中保育になります。
◎震度5弱以上の地震が発生し危険が予測される場合は、臨時休園の措置をとります。それに伴い給食も中止となります。
◎また、保育中に警報が発表され降園する場合があります。その時は、メールシステムを使って連絡します。気をつけてお迎えに来てください。

このページのトップに戻る