和歌山市立 野崎西小学校

情報モラルについての出前授業(4年生)

和歌山市少年センターの先生が、情報モラルについて出前授業に来てくださいました。授業では、はじめに今の子供たちのインターネット事情を紹介してくださいました。小学生がインターネットを使う中で、利用率が一番多かったのは「オンラインゲーム」でした。「やっぱり!」と子供たちからの納得の声があがりました。授業では、オンラインゲームにおいて知らない人とつながってしまう危険性やゲームでどんどん課金してしまい高額の請求をされてしまうことなど、楽しいだけでは済まされない現実についてお話いただきました。例えば、夜遅くまでラインをして、相手が気がつかず、お返事が来ないことによりトラブルにつながる危険性もあります。携帯電話の使い方には、お家の人もしっかり把握できるように、夜9時以降は自分の部屋に持ち込まず、お家の人に預ける習慣をつけることも大切だとお聞きしました。このように、インターネットなどは使用方法については、便利なことだけではなく、危険なこと(闇)もあるということを子供たちがひしひしと感じることができたようです。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      将来の情報化社会のことを予想しながら、ネットワーク上のルールやマナーなど、情報モラルを充分に理解した上で、便利なものを安全に使っていける力を身につけていってほしいと思います。これからも機会をとらえて指導を続けていきたいと思います。お家族でも携帯電話の使い方についてお子様と話し合っていただけらと思います。

このページのトップに戻る