和歌山市立 西脇中学校

2014年7月のできごと

◇中体連夏季 近畿大会出場者一覧 中体連大会結果の続報です。近畿大会への出場を勝ち取った皆さんを紹介します。

◇「少年メッセージ2014」に入賞 (7/26 土) 「少年メッセージ2014」和歌山県大会が、日高川交流センターで開催され、本校2年生の野田綾音さんが、奨励賞に選ばれ、代表で表彰を受けました。(写真2枚目後列中央が野田さんです)
DSCF4260 DSCF4271

◇中体連夏季大会 入賞者一覧 今夏の中体連大会結果、入賞者と県大会出場者を紹介します。

◇中体連夏季大会 続き(7/19 土~7/20 日) 先週から続く、大会の続報です。柔道、バスケット(男子)、陸上、ソフトテニス、バレー、剣道、です。大会結果と県大会出場者は、後日別途紹介します。

IMG_9795 IMG_9805 IMG_9807 IMG_9857 IMG_9861 IMG_9888 IMG_9949 IMG_9959 IMG_9965 IMG_0025 IMG_0036 IMG_9991

◇ 終業式、大掃除&学活 (7/18 金) 今日は、3限終業式、4限大掃除、そして午後は学級活動でした。通知表をもらって、いよいよ明日から楽しい夏休みですね。

◇ グループ・アプローチの授業 (7/15 火) 本校では、昨年度に続き今年も、よりよい集団をつくるグループ・アプローチの授業に取り組んでいます。これは、ゲーム感覚で授業を楽しみながら、コミュニケーション能力を育み、グループで協力することを目的とした授業です。今日は1年4組(2限)と2年5組(3限)で、嶋田弘人先生(県教育センター教育相談室長)が授業を行ってくれました。

◇ 中体連夏季大会 (7/12 土~7/13 日) 今週の、中体連大会ベストショットを写真でご覧ください。バスケット部女子は2試合勝ちました。ソフトテニス個人戦は男女併せて3チームがベスト8に入賞しました。サッカー部、野球部の活躍も写真で紹介します。

◇ 非行防止教室 2・3年生(7/11 金) 月曜日の1年生に続いて、今日は2・3年生の生徒指導特別授業でした。3年生は1限に和歌山市立少年センターの神谷禎之先生による「たばこの害について」のお話を、2年生は2限に和歌山北警察署の坂口元希先生による「非行防止教室」のお話を、それぞれお聴きしました。

◇ 非行防止教室 1年生「キッズサポートスクール」(7/7 月) 1年生が、県警察少年サポートセンターが実施する非行防止教室「キッズサポートスクール」の授業を受けました。今回のテーマは「万引き」。万引きは「窃盗犯」であり、誰に誘われても、脅されても、やってはいけないことだと、紙芝居等を通してご指導いただきました。

◇ 中体連夏季大会始まる (7/6 日) 中体連夏季大会が始まりました。今日は、水泳部の大会と、陸上部の通信陸上大会がありました。陸上部では、伊藤宏至君(男子400m)と長麻尋さん(女子砲丸)が全国大会出場の標準記録を突破、男子400mリレーも優勝し、全国大会に近づきました。

◇ 硬式テニス部 松岡修造さんと練習!(7/5 土) つつじが丘に新設されたテニスコートが、この日オープンしました。本校の硬式テニス部も記念イベントに参加、テレビでおなじみの松岡修造さんのレッスンを受けることができました。

◇ 愛育会「恒例!春の花植え」(7/5 土)  すっかり恒例になっています愛育会の「春の花植え」を、今年も行いました。お手伝いしてくれた生徒の皆さんと、お母さん方が一緒になって、正門、玄関、体育館前などにたくさんの花の苗を植えました。水遣りもたいへんですが、きれいな花が咲き誇るよう、これからもよろしくお願いします。

◇命の大切さを学ぶ教室(講演会) (7/4 金) 中学3年生と保護者の皆さんを対象に、「命の大切さを学ぶ教室」という講演会を本校体育館で開催しました。この企画は和歌山県警察が主催するものです。講師の児島早苗さんは、ご子息を交通事故で亡くされた方ですが、現在NPO法人(被害者遺族の会)を立ち上げてさまざまな活動をされ、生命の重さ、大切さ、かけがえのなさを私達に伝えてくれています。話を聞く3年生の真剣さも素晴らしかった講演会でした。

◇ 中体連大会等の激励会 (7/3 木) 本日1限の集会で、中体連夏季大会等(文化系クラブの大会も含む)に出場する選手の皆さんの激励会をしました。キャプテン・部長からの力強い決意表明のあと、生徒会代表からの激励がありました。

◇期末考査 (6/30 月~ 7/2 水) 三日間の期末考査でした。この一週間で、学習の振り返りがしっかりできたでしょうか? 実は…、テストには3つの効果・役割があります。1つは「テストまで」にどれだけ計画的な学習をする力がつくか、2つには「テスト本番」でどれだけ学んだ力を発揮できるか、3つには「テスト後」にできなかったところをどれだけ復習して自分のものにするか、です。

このページのトップに戻る