和歌山市立 鳴滝小学校

授業参観

今年度初めての授業参観を行いました。

保護者の皆様に、新学年に進んだ児童の成長を見ていただきました。

みんながんばって勉強に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花らんまん

鳴滝小学校この花壇は、地域の方にご協力いただき、いつも綺麗ですが、春は特に美しいです。

地域の皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ遠足

3月3日 6年生14名は、マリーナシティにお別れ遠足に行ってきました。

お天気に恵まれ、とても空いていたので、新型コロナウイルス感染症対策もできたと思います。

勇気をふりしぼって、はじめて急流滑りに乗った子もいました。

VR体験で一本橋を渡る体験をしたりもしました。

児童は、乗り物にたくさん乗っていましたが、まだ遊び足りない様子でした。

全員で楽しい思い出を作って、無事に学校に帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修学旅行

6年生が、12月13日14日と、1泊2日で修学旅行に行ってきました。

行き先は、紀南です。移動手段はバスです。

1日目、バスの窓から、円月島を見ました。

 

 

 

 

 

 

アドベンチャーワールドに到着です。

 

 

 

 

 

ケニア号に乗って動物を見たり、ジェットコースターや、ゴーカートに乗る子もいます。

 

 

 

 

 

 

全員集まって、イルカショーをみました。

すごいです。

 

 

 

 

 

そのまま、陽のあたる暖かい座席で、お弁当を食べました。

イルカが練習をしていました。

次は、潮岬です。

南紀熊野ジオパークセンターを見学しました。

 

 

 

 

 

 

本州最南端にみんなで向かいます。

ひろびろした広場で、とても良いお天気です。

水平線がきれいに見えました。

 

 

 

 

 

 

夜は、勝浦のかつうら御苑にとまります。

素敵なお部屋で、すごいごちそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は楽しく過ぎていきました。

次の日は、朝早くから那智の滝を見に行きました。

 

 

 

 

 

 

この日もお天気にめぐまれ、那智の滝に虹がかかっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和か屋さんまで階段を上ります。

和か屋さんでは、みんな買い物をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、太地町のくじら博物館です。

いるかが餌を欲しがってなきます。

みんなでゆったりとまわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くじらのショーもありました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に串本の海中公園へ行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても楽しい2日間を過ごしました。

帰りのバスでは、ほとんどの子が眠って帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業参観

11月25日授業参観がありました。

1・2年生は、日赤の助産師さんを講師にお招きして、うまれてくるいのちの大切さを保護者の皆様と一緒に学びました。

 

 

 

 

 

 

3・4年生は、国語の授業を参観してもらいました。3年生と4年生に分かれて、複式の授業を平行して行います。

 

 

 

 

 

 

 

5年生は、算数の平均を勉強しているところを参観してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

6年生は、地域包括支援センター講師をお招きして、認知症について、保護者と一緒に講演をうけました。

 

 

 

 

 

 

ひまわり学級は、うどんを作りました。小麦粉を測って、お湯を注いで、こねます。なかなか上手にできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者のみなさま、お忙しいところ、ご参観下さり、ありがとうございました。

キッズサボートスクール

和歌山県警生活安全部少年課の方をお招きして、1・2年生と5年生に、きまりを守ることの大切さを教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る