和歌山市立 鳴滝小学校

授業参観

11月25日授業参観がありました。

1・2年生は、日赤の助産師さんを講師にお招きして、うまれてくるいのちの大切さを保護者の皆様と一緒に学びました。

 

 

 

 

 

 

3・4年生は、国語の授業を参観してもらいました。3年生と4年生に分かれて、複式の授業を平行して行います。

 

 

 

 

 

 

 

5年生は、算数の平均を勉強しているところを参観してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

6年生は、地域包括支援センター講師をお招きして、認知症について、保護者と一緒に講演をうけました。

 

 

 

 

 

 

ひまわり学級は、うどんを作りました。小麦粉を測って、お湯を注いで、こねます。なかなか上手にできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者のみなさま、お忙しいところ、ご参観下さり、ありがとうございました。

消防団見学

3・4年生は今、社会科で地域を守る人々について勉強しています。

11月18日、有功消防団に見学に行きました。

消防団の方から、活動内容や思いについて教わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

消防車に乗って、中をみせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

実際に消火用具を触らせてもらって、扱い方を習いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな消防士の登場です。的をめがけて放水!

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの質問一つ一つに答えていただきました。

大きくなったら、消防団に入りたいと言う子もいます。

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会見学 湯浅町

11月11日、3年生から6年生までの児童が、湯浅町に社会見学にいきました。

お天気にも恵まれて、到着です。

 

 

 

 

 

 

 

まず、稲村の火の館を見学しました。

濱口梧陵の功績や、津波から身を守る方法について、楽しく具体的に学ぶことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広村堤防では、語り部さんによる貴重な話を聞くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

近くの公園で、お弁当を食べて、昼休憩。元気に遊びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼から、醤油資料館に行きました。お醤油をつくる作業や、醤油が入ってある蔵の様子を見学しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

醤油の歴史について、お話をきかせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

みんなで、充実した社会見学に行くことができました。

 

 

 

 

 

森林教室

11月2日。5年生は、林業の勉強をするために、有田川町清水まで行きました。

実際に仕事を体験させてもらい、とっても良い体験ができました。

秋の遠足

11月2日。1~4年生と6年生が、今年初めての遠足に行ってきました。

まず、和歌山県立自然博物館へ。

大きな魚に歓声がが上がりました。

いろいろな生き物と出会うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、わんぱく公園にいきました。お弁当を食べて、元気に遊びました。

6年生が低中学年のお世話をしてくれる姿が素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気にめぐまれて、楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る