和歌山市立 中之島小学校

ごぼう

3月6日(火)
牛乳 ごはん きざみうどん 五目金平 味付けのり

ごぼうの本来の旬は冬ですが、春には香りがよく柔らかい春ごぼうが出てきます。きょうのごぼうも、カットしたときにいい香りがしていました。

しっかり味をふくんだ金平ごぼうです。

カレーライス

3月5日(月)
牛乳 カレーライス 小松菜のサラダ

カレーライスの豚肉を炒めるときにはおろし生姜を一緒に炒めるのですが、きょうは生姜の量がいつもの倍ほどあったのでスパイシーなカレーに仕上がりました。

サラダの小松菜と白菜は和歌山産です。葉っぱが柔らかくてみずみずしいサラダでおいしいです。

鶏肉の梅酢揚げ

3月2日(金)
牛乳 パン 鶏肉の梅酢揚げ 中華和え サンラータン

サンラータンは中華料理で、少し酸味のあるとろりとしたスープです。ふわふわの玉子も入っていて温まります。

鶏肉の梅酢揚げの下味は梅酢のみです。それでもしっかり味がつきます。醤油を下味に使うとお肉に濃い色がついてしまいますが、梅酢だけだときれいに仕上がります。

ひな祭りの献立

3月1日(木)
牛乳 てまきおにぎり おひなさまスープ ひなあられ

ひな祭りの献立です。3月3日は桃の節句、ひなまつりです。今日は春一番も吹き、春の気候となってきました。

てまきおにぎりの具は、ウインナー、きゅうり、たくあん、梅びしお、ツナです。いろんな具があって、楽しく食べられそうですね。

おひなさまスープにはてまり麩が入っています。色がかわいいです。ひな祭りといえば、三食の菱餅が思い浮かびますが、ピンク、白、緑それぞれの色には意味があります。いくつか説があるうちの一つでは、ピンクは桃の花、白は雪、緑は新緑を表し、この三食を重ねることで、桃の花がほころび残雪の下に緑が芽吹く春の訪れを祝う気持ちがあるそうです。

 

カツオのケチャップあえ

2月28日(水)
牛乳 パン カツオのケチャップあえ ゆでキャベツ ほうれん草スープ

サイコロ状にカットされたカツオの身を使って、ケチャップあえです。

しょうが、しょうゆ、酒で下味をつけたカツオに、片栗粉をまぶして揚げます。

ケチャップ、ウスターソース、砂糖でできたソースを絡めて完成です。たっぷりソースが絡んでいるので、カツオの臭みがなくおいしく出来上がりました。見た目もよく、たくさん食べてもらえそうです。

役立つにんじん

2月27日(火)
牛乳 ごはん ちくわの磯辺揚げ ひじき豆 豚汁

にんじんはよく使う食材です。今日のひじき豆と豚汁にも、にんじんが入っています。2つのおかずに入るときは、なるべく切り方を変えます。ひじき豆に入る方は千切りにして、豚汁はイチョウ切りです。

にんじんにはカロテンがたっぷり含まれています。体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わるという性質を持っており、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、目の健康にもいいです。
カロテンは、にんじんの皮の近くに多く含まれているので、薄く皮をむきましょう。年中出回っていて使いやすく、栄養があり、彩りもよくなるのでにんじんは大活躍です。

じゃがいも沢山肉じゃが

2月26日(月)
牛乳 ごはん 肉じゃが かぶのゆず香和え 味付け海苔

肉じゃがのじゃがいもにはビタミンCが多いです。ビタミンCには、病気やストレスから体を守る働きがあります。

今年の給食では初登場のかぶは、根も葉も両方使ってゆず香和えにしました。

シュウマイ

2月23日(金)
牛乳 パン 八宝菜 シュウマイ

シュウマイはひとり2個ずつです。
油へ入れたてのときは底に沈んでいまが、できあがりはプカプカ浮いてきて、ふっくらと膨らみます。シュウマイは、一口サイズで食べやすく、おいしくて子どもから人気があります。お肉と野菜を一緒に摂れるところがいいですね。

青魚のいいところ

2月22日(木)
牛乳 大根ごはん さばの竜田揚げ みそしる

鯖は、秋から冬が旬の魚です。鯖や秋刀魚のような背の青い魚には、血液をサラサラにしてくれる働きがあります。竜田揚げの衣がいい感じについておいしそうです。

今日の大根は葉付きで注文しました。実は大根ごはんに、葉っぱはお味噌汁に使います。小ぶりな大根でカットしやすかったです。

さばと大根、どちらも和歌山でよくとれるものですね。

 

お弁当箱につめて

2月21日(水)
牛乳 パン ツナのパスタ イタリアンサラダ キャンディチーズ

今日のたてわり給食では、みんなそれぞれお家から持ってきたお弁当箱に給食のおかずをつめます。そのため、おかずからお汁が出てしまわないように気をつけます。ツナのパスタは、先にトマトソースを作って、後から茹でたペンネを合わせます。ちょっと固めに茹でたペンネがしっかりソースを吸ってくれました。ツナの旨味が出ていておいしかったです。

このページのトップに戻る