和歌山市立 中之島小学校

キムチ鍋で韓国の文化に触れる

2月19日(月)
牛乳 ごはん キムチ鍋 ナムル

キムチは韓国の食べ物です。
キムチは、もともとは朝鮮半島の厳寒期に備えた保存食であり、野菜を塩で漬けただけのものからはじまったそうです。これに香辛料としてのニンニクやサンショウなどを加えるようになったのが、キムチの原型です。韓国のキムチは酸味が強く、辛さも味わい深いものとなっています。比べて日本のキムチは甘さがあるように思います。

白ねぎ、ニラ、白菜、野菜がたっぷり入りました。キムチ鍋を残さずしっかり食べて、韓国・平昌オリンピックを応援しましょう!

野菜力 元気を呼ぼう 風邪予防

2月16日(金)
牛乳 米粉パン 洋風煮込み コーンサラダ

ブロッコリーは冬が旬の野菜です。私たちが食べているのは、まだやわらかい「つぼみ」の部分です。かぜを予防してくれるビタミンCがたくさん含まれています。

根菜類も冬が旬のものが多いですが、体を温めてくれる効果があります。洋風煮込みには、たまねぎ、にんじん、じゃがいも、大根がたくさん入っています。温かい料理でさらに体がぽかぽかになってくれます。

紙飛行機を飛ばしました

2月15日(木)
今日は、中之島保育所の年少さんと年中さんと2年生で、最後の交流会をしました。2年生が事前に練習していた紙飛行機を、一緒に作って、広い体育館で飛ばしました。丁寧に教えてあげることができ、楽しく交流することができました。まだまだ遊びたいなあ~と2年生は名残惜しいようでした。

紀州うめどりでとり天つくっちゃいました

2月15日(木)
牛乳 ごはん 鶏天 おひたし 厚揚げのみそしる

今日は紀州うめどりを使った鶏天です。鶏肉を使うときは、肉屋さんが地産地消で和歌山産の鶏肉を用意してくれます。うめどりとは、紀州の梅酢エキスが混ざったエサを食べて育った鶏です。

しょうがとにんにくの香りで食欲がそそられます!胸肉ですが、ジューシーでおいしいです。

シャキシャキ水菜

2月14日(水)
牛乳 パン ケチャップ煮 大根サラダ チョコだいずクリーム

水菜は、冬が旬の野菜です。「京菜」とも呼ばれ、京都で古くから栽培され、全国に広まりました。シャキシャキとした歯ごたえでサラダがおいしくなります。

白身魚フライ

2月13日(火)
牛乳 ごはん 白身魚フライ ゆでやさい 春雨スープ

白身魚フライは、大きくて食べごたえがあります。こんがり美味しそうな色に揚がっています。ソースのいい香りが食欲をそそります!

地産地消の日の献立

2月9日(金)
牛乳 パン クリームシチュー ほうれん草のサラダ

地産地消の日です。ブロッコリーとほうれん草が和歌山市内産です。

ブロッコリーはシチューに、ほうれん草はサラダになりました。きれいな緑色の野菜があると料理がおいしそうに見えますね。

強い骨 小松菜 心から好きだよ じゃこ

2月8日(木)
牛乳 ごはん あんかけうどん じゃこと小松菜の炒め物

今日の炒め物には、ちりめんじゃこにも小松菜にもカルシウムがたくさん含まれています。しっかり食べて、強い骨を作りましょう。
じゃこを炒めたときのカリカリした食感を残したかったので、じゃこだけ別に炒ってもらって後から他の具材と一緒にしました。

ポンカン

2月7日(水)
牛乳 ホットドッグ コンソメスープ ポンカン

白菜は、冬が旬の野菜です。なべもの・漬物・煮物・和え物など、いろいろな料理に大活躍です。

ポンカンは和歌山有田産です。みかんより少し大きく、皮がごついです。実は種があって、味が濃厚で香りもいいです。

寒い日の給食

2月6日(火)
牛乳 ごはん かき揚げ みそけんちん汁

きょうは2品ですが、どちらも具だくさんです。ひさしぶりのかき揚げは、ちくわ、玉ねぎ、人参、ひじき、じゃがいもです。サクッと揚がりました。
みそけんちん汁の具は、鶏肉、とうふ、玉ねぎ、キャベツ、油揚げ、えのきたけ、青ねぎです。かつお出汁と、肉、野菜からの旨味がたっぷりでおいしく仕上がりました。寒い体も温まってくれると思います。

空気が冷たいので、厨房の中はいつもより湯気がもくもくとしていました。

 

このページのトップに戻る