和歌山市立 中之島小学校

鶏肉の味噌だれ

11月30日(木)
牛乳 ごはん 鶏肉の味噌だれ ひじきサラダ けんちん汁

さかなの味噌だれというメニューは給食で多いですが、きょうは鶏肉の味噌だれです。鶏のからあげに、味噌、さとう、白ごまのタレを合わせました。ごはんのすすむ味です。

けんちん汁は、だし昆布、かつおで出汁をとっているところに、いつもより多めの干ししいたけが入っているのですごくいい味が出ています。片栗粉でとろみがついて、お汁が冷めにくく、口当たりもなめらかで寒いときにピッタリのメニューです。

新鮮チンゲン菜

11月29日(水)
牛乳 チリドッグ 野菜炒め ポタージュスープ

チンゲン菜は秋が旬の野菜です。ビタミンが多いので風邪予防になります。

アクが無く、煮崩れしないので、炒め物やスープにむいています。きょうは炒め物につかいました。緑色が濃くて、新鮮そうなチンゲン菜でした!人参、もやしと一緒に、ごま油で炒めて塩コショウ、しょうゆで味付けしています。

チリドッグのウインナーは、茹でてからチリソースに絡めるのですが、柔らかいロングウインナーなので、折れてしまわないよう気をつけました。

 

柳川風煮

11月28日(火)
牛乳 ごはん 柳川風煮 ごま和え 味付け海苔

きょうは柳川風煮です。なぜ“風”とついているのかというと、もともとは柳川鍋という料理があるからです。ドジョウを使った、江戸生まれの鍋料理です。開いたドジョウと笹がきにしたゴボウをみりんと醤油の割下で煮て鶏卵で綴じます。肉類などをドジョウの代わりに用いたものが、「○○の柳川」あるいは「柳川風」と呼ばれます。給食は豚肉を使いました。

甘辛い味にたいて、すきやき麩も入っていておいしいです。薬味はねぎを入れましたが、みつば、山椒を入れてみてもおいしいです。

南極クラス

11月20日(月)
6年生は、南極の昭和基地などを建設しているミサワホームの地域貢献活動の一環として、出前教室「南極クラス」を受講しました。
先日、南極の氷が届きました。その氷は、約2万年前にできたものです。
20日、5・6限に実際に南極で何年間か過ごされた方を招き、お話を伺いました。届いた南極の氷や南極で使用した装備品などを使ったお話です。こちらで当たり前のように生活していることが極寒の地では、相当大変なことなどを面白おかしく話していただきました。
氷が溶け、その中に含まれた約2万年前の空気がはじけだしたとき、どんなことを考えたでしょう。子どもたちにとって貴重な経験となりました。

親子DE教育講演会

11月25日(土)
昨年に引き続き、落語家の切磋亭琢磨さんを迎え、親子DE教育講演会を開催しました。
今年は、保護者だけでなく、子どもたちにもこの人権の話を聞いてもらおうと、親子での講演会を企画しました。たくさんの保護者の参加も得られ、有意義な時間となりました。

中之島作品展

11月24日(金) 11月25日(土)
地域の方からも出品していただきました。ありがとうございました。
おかげで、2日間で100名を超える参加をいただきました。子どもたちにとっても今後の作品作りの励みになります。ありがとうございました。

今食べたい、ほうれん草

11月24日(木)
牛乳 パン ポークビーンズ ほうれん草サラダ

ほうれん草の旬はちょうど今から、11月~2月の寒い時期です。
ほうれん草は食品成分表では夏採り、冬採りが分けて書かれています。旬の冬採りの方が栄養価が高いのですが、なんと、夏に比べてビタミンCの量は3倍あります。ビタミンCは鉄と一緒に摂れば吸収率が高くなりますし、ビタミンAやビタミンEと摂ると抗酸化作用が高まります。ほうれん草にはこれらの栄養素が全て含まれているのでとても効率の良い野菜なんです!
さいきん野菜の値段は高くなってきていますが…ぜひおうちでも食べてもらいたいです。

ツナときのこのペペロンチーノ

11月22日(水)
牛乳 パン ツナときのこのペペロンチーノ パインサラダ

ツナときのこのペペロンチーノ。ツナは全部で9キロ使いました。1キロ入りのパックで納品されたのですが、普段家でツナを使うときは小さい缶詰のものしか見ていないので、これだけ大量にツナを見ると変な気分です。

きのこはしめじとエリンギです。

しょうゆが効いているからか、ペペロンチーノというよりは、和風スパゲッティ?という感じです。それでも、おいしく仕上がっています。

このページのトップに戻る