和歌山市立 中之島小学校

親子丼

3月23日(木)
今日の給食は親子丼です。すでに親子丼の親子の意味を知っている方も多いかもしれませんね。しかし、ここは給食日記、お伝えしたいと思います。
親子丼に使っているのは鶏肉と卵。卵は鶏が産んだもの。ということで親子丼です。

そして、卵と豚肉や牛肉で作ったものは他人丼といいます。卵と豚肉や牛肉は全く親子関係がありませんね。まさしく他人です。また、卵とかまぼこで作ったものを木葉丼といいます。これは、かまぼこを木葉に見立てているからだそうです。
話は戻りますが、今日は親子丼です。鶏肉や玉ねぎ、しめじ、ねぎをたくさん使って、卵でとじました。

美味しくできた親子煮をご飯に乗せて、たくさん食べてください。

さて、今日の給食で3学期の、同時に今年度の給食が終わりました。
これまでいろんなお話をお伝えしてきましたが、少しでもご家庭で参考になるお話があったならば幸いなことです。給食作りも、ご家庭で家族に作る料理も何ら変わりなく、美味しいと喜んでもらいたい一心で作るものだと思います。きっと、そんな気持ちが「美味しい料理」につながっているのだと思います。
それでは、この日記をもちまして、本年度の締めくくりとさせて頂きます。ありがとうございました。

王道のミートソース

3月22日(水)
今日のミートスパゲッティは、給食のパスタの中でも人気のメニューです。今日のミートソースは濃厚、そしてしっかりトマト味。お肉は豚ミンチに鶏ミンチを加えて、あっさりと。野菜は玉ねぎや人参、しめじを使っています。玉ねぎ、人参は細かく切り、しめじは長さを半分に切り存在感を出しています。

しっかり炒め合わせた具にデミグラスソースとケチャップをたくさん入れて煮込みました。

そして、仕上げに粉チーズを振りかけ、彩りにパセリを。これぞ王道というミートソース。ミートソースがパスタにしっかり絡んで、とても美味しそうです。

それでは、本格イタリアンを中之島でどうぞ。

ごぼうは二段階調味

3月17日(金)
今日のごぼうサラダは、ごぼうをたくさん使っています。
ごぼうは味が染み込みにくい野菜です。

給食では調理してから提供するまでの時間が決まっているので、時間をかけて味を馴染ませ染み込ませるという時間があまりありません。本来、サラダを作るときは茹でた野菜を合わせてから最後に調味します。しかし、ごぼうのときは、ごぼうにだけ調味液を少し入れ、時間を置き、味を染み込ませていくのです。

それから最後の仕上げです。ごぼうに少し下味が付いたところで、きゅうりと合わせて、残った調味液を入れ、仕上げていきます。二段階にわけて味を染み込ませたごぼうサラダの完成です。

ご家庭でも、二段階調味をすると短時間で味が染み込み美味しいサラダになること間違いなしです!

今日の給食も残さずしっかり食べましょう!

「おめでとう」は贅沢に

3月16日(木)
今日の給食は、【おめでとうの献立】です。
6年生の卒業をお祝いして、お赤飯、エビフライ、みそ汁、そしてデザートを用意しました。エビフライは大きく、食缶のフタが閉まらないくらいの長さです。調理員さんは、エビを曲げないように気を付けながら揚げてくれました。

また、デザートはイチゴのプリンアラモードです。イチゴプリンの上にクリームが乗っています。

そして、大きな釜で全員分炊いたみそ汁が付きます。

「同じ釜の飯を食う」とは言いますが、友達や先生たちと同じものを食べる給食も同じです。

6年生へ。
希望に満ちた大空へ、羽ばたいてく卒業生に幸あれ。

ヘラでゆっくり、コトコトと

3月15日(水)
今日の給食は、ハンバーグです。ハンバーグの日は、釜にたくさんのハンバーグ入れて加熱していきます。この時使うのが大きなヘラです。
20170315-1
このヘラを使いハンバーグを上から押して沈めながら、ゆっくり中まで火を通していきます。ある程度柔らかくなったハンバーグをヘラで上下返すと割れてしまうことがあるので、この上から押すという工程がとても大事になってきます。上から押すときも、ハンバーグを崩さないようにゆっくりと押し、味を染み込ませていきます。
柔らかくなり、あとは温度を上げるだけというところまでくると、ここからは釜の蓋を開けずに、じっくり待ちます。開けてしまうと温度が下がってしまいますからね。中を見たくても我慢です。
20170315-2
今日もふっくらとしたハンバーグができあがりました!
20170315-3

海の中のような海藻ミックス

3月14日(火)
今日の給食のサラダには海藻ミックスを使っています。海藻はミネラルが豊富に含まれています。赤に白に緑に色がとてもきれいです。海藻ミックスに入っている海藻は、わかめ、茎わかめ、昆布、赤とさかのり、白とさかのり、白みりんです。
20170314-1

海藻と合わせるのは、もやし。歯ごたえがいい海藻は、もやしのシャキシャキとした食感とよく合います。
20170314-2
お酢を使った酸味のあるドレッシングで和え、カレーとの相性もピッタリです。ちなみに今日のカレーは、以前給食日記でもお伝えしたカレーの人気ナンバー1でもあるシンプルカレーです。海藻サラダも、カレーもたくさん食べてください。
20170314-3

黄金色のうどんつゆ

3月13日(月)
今日の給食は、具だくさんのきざみうどんです。名前の通りいろんな具を刻みました。このきざみうどんは、ほとんどが関西で食べている料理なんだそうです。
今日は鶏肉、油揚げ、かまぼこ、青ねぎ、人参を入れています。昆布と鰹でしっかり取った出汁に、お肉や野菜のいろんな旨みがでたつゆは、まさに黄金色のうどんつゆです。
20170313-1

中之島のうどんは、麺は別茹でにし、つゆを上からかけるスタイル。学年ごとに麺を茹で、食缶に入れていきます。
20170313-2
そこに黄金色のうどんつゆをたっぷり。子どもたちが食べる頃まで温かいように熱々の麺とつゆを合わせます。
20170313-3 20170313-4
今日は、うどんだけではなく、イカフリッターを合わせました。
20170313-5

地産地消

3月10日(金)
今日の給食は地産地消の日の献立です。玉ねぎ、小松菜、キャベツは和歌山で作られた野菜です。
20170310-1 20170310-2 20170310-3
マカロニのスープ煮には、玉ねぎと小松菜を、パインサラダにはキャベツを使いました。スープ煮はコンソメで仕上げ、パインサラダは、フルーツの爽やかな酸味がキャベツととてもよく合い美味しいサラダに仕上がりました。
20170310-4 20170310-5
そして、今日は揚げパンの日。子どもたちの大好きな揚げパンです。グラニュー糖がたっぷりの甘い揚げパンは、どこか懐かしい味。
20170310-6 20170310-7
しかし、揚げパンの日は給食室の中では大忙しの日です。パンを一つ一つ揚げながら、マカロニのスープ煮を完成させ、サラダを完成させ・・・そして出来上がった給食は子どもたちのもとへ。
和歌山の野菜をたくさん使ったスープ煮と揚げパン。最高の組み合わせですね。たくさん食べてください。
20170310-8

実は私、精進料理でした。

3月9日(木)
今日のけんちん汁、実は精進料理なのだそうです。精進料理には、お肉や魚という動物性食品のものを使ってはいけません。今日のけんちん汁も、ごぼう、こんにゃく、豆腐、大根、人参、青ねぎという具材でお肉などの動物性食品は入っていません。
20170309-1 20170309-2
具だけではなく、出しも大切!昆布を使って、動物性食品でもある鰹は使っていませんよ!
20170309-3
また、けんちん汁の特徴でもある具をごま油で炒めてから作るという作り方。今日の給食も香り良くごま油で炒めてから作りました。ごま油のコクと香りが、具材とよく合っています。
20170309-4
それでは、具だくさんのけんちん汁、美味しい出しの味を味わいながら食べてください。
20170309-5

完璧な焼きそば

3月8日(水)
さて、今日は久しぶりの焼きそばです。焼きそばと言えば中之島では、作り方を変えた事が大きな話題でした。それは「麺を蒸す」です。
え?蒸す?という方。それでは復習を。
まず、お肉と野菜を先に炒めておいて、調味だけしておきます。
20170308-1
その間、隣で麺を蒸して温めておく。釜を蒸し器代わりにしました。
20170308-2 20170308-3
蒸すと、ふっくらとした麺に仕上がります。麺を取り出すときは、ザルがとても熱くなっているので、火傷しないように気を付けながら、ゆっくり取り出します。
20170308-4
そして、具と合わせ素早く炒め合わせる。
20170308-5
こうして麺を蒸すメリットとは、麺が切れることがない、そして粘りも出ない。つまり美味しい焼きそばが完成するんです。それでは、麺がソースとよく絡み、切れず粘ってもいない焼きそばを味わってください。
20170308-6

このページのトップに戻る