和歌山市立 中之島小学校

2学期終業式

12月22日(木)
平成28年度2学期終業式を迎えました。
校歌斉唱の後、校長先生の話を聞きました。
2学期は大きな事故もなく、みんな元気に過ごすことができました。
3学期の始業式には元気に登校できることを願っています。
CIMG9103 CIMG9106

クリスマス

12月21日(水)
今日の給食はクリスマスの献立です。クリスマスの献立らしく鶏肉のマリアナソース、そして星型の人参が入ったスープを付けました。そして、子どもたちのお楽しみの一つでもあるクリスマスデザートですが、今年は、いちごプリンの上にクリームとイチゴソースが乗っています。
クリスマスデザートと聞けば、ふわふわのケーキを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?
しかし、クリスマスの日に食べるデザートは国ごとに違います。それぞれの国のクリスマスの伝統菓子を少しご紹介します。イギリスはしっとりしたスポンジケーキでドームの形をした「クリスマスプディング」と呼ばれるもの。私たちが知っているプリンとはまた少し違います。ドイツはドライフルーツがたくさん入ったパンとして売られている「シュトーレン」。アメリカはケーキではなく「クッキー」。フランスには切株の形をしたロールケーキの「ブッシュドノエル」があります。
世界にはいろんなクリスマスデザートがありますが、日本では生クリームやチョコレートのデコレーションケーキが多いのでしょうか・・・今年はいつもとは違うクリスマスデザートにしてみてはいかがですか? 今週末、素敵なクリスマスをお過ごしください。
20161221-1 20161221-2 20161221-3 20161221-4

冬至

12月20日(火)
今日の給食は、冬至の献立です。冬至は、一年で一番日が短くなる日です。冬至の日に「ん」のつくものを食べると運が呼び込めるとされ、にんじん、だいこん、れんこんなどの野菜は運盛りとして縁起を担いでいました。
では、なぜ冬至の日に「かぼちゃ」を食べるといいと言われるのでしょう・・・これは、かぼちゃを漢字で書くと「南瓜(なんきん)」と書くことから、陰(北)から陽(南)へ向かうとされ、運盛りの一つとしてかぼちゃを冬至の日に食べるようになりました。今日もみそ汁にたくさんかぼちゃが入っています。かぼちゃで縁起を担げるようにしっかり食べましょう!
今年の冬至は明日、21日の水曜日です。ご家庭でも「ん」のつくものを食べて縁起を担いでください!
20161220-1 20161220-2 20161220-3

冬野菜カレーに厚揚げ入れちゃった!

12月19日(月)
今日は給食のカレーは、冬野菜カレーです。さて、どんな具が入っているのでしょうか。まずは、カレーの定番でもある「じゃがいも」「人参」「玉ねぎ」、そして「しめじ」、冬の代表野菜でもある「大根」と続きます。続いてなんと「厚揚げ」が入っています。まるでおでんのような具ですね。
ご家庭では、カレーに厚揚げを入れることはないと思いますが、これが意外とよく合い、厚揚げにカレーが染み込み、ご飯ともよく合います!厚揚げ消費量日本一を誇る福井県では、当たり前のように食べられているそうですよ。
カレーには、いろんな野菜や具を入れても美味しく食べられます。今日入れている野菜以外の冬野菜をご家庭で入れるなら、里芋、春菊、白ネギなどでしょうか。そして、厚揚げだけではなく油揚げもカレーにはよく合います!一度いろんな野菜や具を入れてカレーを楽しんでみてください!
20161219-1 20161219-2 20161219-3 20161219-4 20161219-5 20161219-6 20161219-7

かぶの葉と根

12月16日(金)
今日は、白菜のクリーム煮に使っている「かぶ」についてのお話です。かぶとは、春の七草の中の「なずな」のことを言い、とても歴史の古い野菜です。昔は根よりも葉を主に食べていたそうですが、今ではかぶの根をお漬物や酢の物などにし、根を主に食べることが多いですね。そして、かぶは根と葉では栄養が違う野菜です。かぶの葉にはβ―カロテン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維が多く含まれています。根にはビタミンCが多く、でんぷん消化酵素のアミラーゼを多く含んでいます。でんぷんの消化酵素は大根にも含まれています。そういえば大根とかぶは味も似ていますね。
今日はクリーム煮に葉と根の両方を入れています!栄養たっぷりのかぶが入ったクリーム煮をたくさん食べてください!
20161216-1 20161216-2

片栗粉のとろみは必ず確認!

12月15日(木)
今日の給食は、あんかけうどんです。寒いときには嬉しい一品ですね。
今日の給食のポイントは、片栗粉のとろみ具合です。ゆるすぎると普通のうどんと何ら変わりなく、あんかけにはなりません。また、強すぎると麺とうまく絡みません。そこで登場するのが、お玉です!
大きな釜の中では、とろみがついているのかいないのか、いまいちわかりにくいのが正直なところです。そこで役立つのが家庭用の普通の大きさのお玉、とろみの最終確認はお玉を使って細かくチェックします。
水溶き片栗粉を入れるときは、入れてくれている調理員さんの隣で栄養士自ら、とろみチェックに入ります!お玉を持って常に確認します。いっきに入れると片栗粉が塊になってしまうので要注意です。
ではみなさん、今日のとりみ具合はいかがでしょうか?ばっちりだと思います!たくさんのうま味が出た温かいスープのあんかけうどん、たくさん食べてください!
20161215-1 20161215-2 20161215-3 20161215-4

基本その②

12月14日(水)
昨日もお話ししましたが、給食は全てのメニューを味見して味を決めます。しかし、一つ一つが美味しくできればいいというものではありません。私たちが次に考えるのは、バランス。主食・副菜・汁物すべての味のバランスを考えながら一つの献立を仕上げていきます。
今日の給食は、洋風煮込みとフライビーンズという組み合わせです。
フライビーンズには甘辛いタレがかかっています。となると、主食の洋風煮込みは優しい味に仕上げないといけません。どちらも濃い味にしてしまうと、せっかく野菜そのものが持つ甘みや、うま味まで消してしまいます。
毎日、給食を作るときは美味しさだけではなく、味のバランスや見た目、彩り、切り方など、いろんなことを考えながら作っています。毎日、みんなが食べやすいように、いろんなことを考えている給食作りです。好き嫌いしないで、たくさん食べてくださいね!
20161214-1 20161214-2 20161214-3

基本その①

12月13日(火)
今日の給食は、ハンバーグのおろしソース・ひじきのごま酢和え・みそ汁という献立です。ご家庭でも料理を作るときは味見をすると思いますが、給食作りでの基本の一つも味見です。
薄すぎず濃すぎず、丁度いい味になっているか、調理する調理員さん全員で毎日全ての味見を行います。今日の献立も、ごま酢和えと、みそ汁はもちろん味見をしますが、ハンバーグにかけるおろしソースまで味見をします。ソースは、ハンバーグにかけて食べるということを考えて、片栗粉の溶き具合はやや強めに、味は少し濃いめに仕上げています。
大根おろしと生姜を効かせた和風のハンバーグソース、そして、こどもが苦手なお酢の酸っぱさを少なくしたサラダ、出汁が効いてるみそ汁。この味でいこう!と決めた給食全ての味を、じっくり味わってみてください!
20161213-1 20161213-2 20161213-3 20161213-4

炒め料理 きほんの「き」

12月12日(月)
今日の給食には、じゃこと小松菜の炒め物が出ました。
ご家庭でも、炒め物をするときに役立つテクニックを今日はご紹介します。
炒め物料理と言えば、具材を炒めて調味するといういたってシンプルな調理。炒めすぎると野菜から水分が出て水っぽくなってしまう、しかし水分が出るまでに仕上げようと思うと、炒め不足で野菜に火が通りきってなかったりと・・・シンプルな料理だからこそ難しいのが炒め料理です。
それでは、給食室の炒めテクニックをご紹介します。ポイントとしては、少しでも時短で仕上げることです。そのためには、しょうゆ、みそ、みりん、砂糖など、炒め合わせる調味料は前もって準備しておくことが大切です。使う調味料を出して、量って、入れて・・・という時間を省けます。
また、塩分を含む調味料を入れると野菜からどんどん水分が出てきてしまうので、調味料を入れてからは炒め過ぎないことです。
では、炒めテクニックを使った美味しい小松菜の炒め物をぜひ味わってみてください!
20161212-1 20161212-2 20161212-3

昔の遊び

12月9日(金)
福寿会のみなさんに、昔の遊びを教えてもらいました。たくさんの名人芸に、子ども達からは「すご~い!」と歓声が沸き起こりました。初めは難しかった遊びも、どんどん上手になっていきます。
でも、楽しい時間はあっという間。休み時間にも、プレゼントして頂いたこまやお手玉、あやとりに夢中になっている1年生です。
「今日は持って帰って練習するわ~!」と元気よく帰っていきました。どんな技を披露してくれるか、楽しみです。福寿会のみなさん、ありがとうございました。
IMG_0564 IMG_0566 IMG_0575 IMG_0577 IMG_0578 IMG_0579 IMG_0582 IMG_0585

このページのトップに戻る