和歌山市立 中之島小学校

和歌山を学ぶ

9月8日(木)
地元・和歌山県についての学習で、4年生は広川町の「稲むらの火の館」と湯浅町の「角長」を訪れました。
「稲むらの火の館」では、3Dシアターで『稲むらの火』のドラマと、津波から身を守るためにすべきことについての映像を見せていただき、館長さんからもお話を聞かせていただくことができました。
1 2
「角長」では、実際に醤油が作られている蔵の中を見学させていただきました。まだ瓶詰めされていない醤油を味見させてもらうこともでき、醤油の歴史や作り方についても詳しくお話しをしてもらえました。
3 4
子どもたちは終始目をキラキラさせながら、学習することができていました。

このページのトップに戻る