和歌山市立 中之島小学校

入念な準備

9月30日(金)
9月は、雨が多く運動会の練習も十分にはできませんでした。
そんな中、本番に向けてしっかり準備をしている光景を目にしました。
休憩時間、高学年が和太鼓の練習やリレーの練習を自分から進んで行っています。きっと当日よい結果が得られることでしょう。
CIMG8386 CIMG8387 CIMG8388

9月30日(金)
別れというものは寂しいものです。
1年1組に教育実習生として来てくれていた塩谷先生が、明日の運動会まで実習があるものの、今日、子どもたちとお別れ会をしました。
職員室に、どこからか、子どもの泣き声が、それも一人や二人ではない、大勢の泣き叫ぶような声が聞こえてきました。急いで泣き声のもとをたどっていくと、1年1組の教室へ。
塩谷先生とのお別れを悲しんでいる子どもたちの泣き声でした。
いつかまた出会えますよ。
CIMG8384

記憶を頼りにはちみつレモンポテト

9月30日(金)
今日の給食では、はちみつレモンポテトを提供しました。この献立が給食に出るのは年に一回くらいです。それが故に、悩むのは、和えるはちみつレモンの濃さです。年に数回しかない献立のときは、過去の控えと記憶を頼りに、前回よりも美味いものを作れるようにと頑張っています。
前回を思い出しながら、念入りに打ち合わせをして、これで作ってみようと決めた今回のはちみつレモンポテトは、前回と比べて(味を覚えている人はいましたか)いかがでしたか。
はちみつレモンの爽やかな味を味わってください。
20160930-1
20160930-2 20160930-3 20160930-4 20160930-5

マリー・アントワネットとじゃがいも

9月29日(木)
今日の給食の味噌汁に使っているじゃがいも。今日は、じゃがいもが人々の生活に大変役立ったというお話をご紹介します。

16世紀中頃、フランスがたいへん凶作になったときに、当時あまり有名ではなかったじゃがいもの栽培が、国民を救ったそうです。当時のフランス王は、その野菜を広めるために、王妃のマリーアントワネットの髪にじゃがいもの花を飾らせたそうです。「王妃が身につけていた花」として、じゃがいもの花は、たちまち評判になりフランス国土に広がったとされています!
このお話にはまだ続きがあります。
続きは10月の給食日記で・・・。
20160929-1 20160929-2 20160929-3 20160929-4

焼きそばの作り方、変えてみました。

9月28日(水)
今日の給食の焼きそばは、いつもとは少し違う作り方をしました。それは麺を蒸すという作り方です。
給食室には蒸し器がないので、大きな釜を蒸し器代わりにしました。釜の中に少しの水を入れ、その上にザルを置き、蒸気で麺を蒸します。麺の温度を上げている間に、隣の釜では野菜を炒め、調味をして麺を待ちます。
こうすることで、麺と野菜を合わせてからの炒める時間が減るので、炒めすぎて麺が切れたり、粘ってきたりすることが少なくなりました。また、見た目もきれいでふっくらとした麺になり、美味しく仕上がりました。
20160928-1 20160928-2 20160928-3 20160928-4 20160928-5 20160928-6

トウモロコシ

9月27日(火)
給食では、サラダによくトウモロコシを使います。
夏に美味しくなるトウモロコシ。トウモロコシは、収穫するときに枝から切ると、切られた切り口を自分で治そうとして、温度が上がり、持っていると、「熱い!」と感じるほどになるそうです。このとき、熱によって糖分と栄養がなくなってしまうので、収穫したら、すぐに冷蔵庫に入れるほうがよいそうです!スーパーでトウモロコシを買う時は、できるだけ涼しい場所に売っているトウモロコシを買ってください。
20160927-1 20160927-2

運動会練習

9月23日(金)
運動会全体練習の日です。運動場で行いたいところですが、状態が悪いため体育館での練習となりました。運動場での動きをイメージして、開会式の入場や閉会式の練習を行いました。みんなとてもよい動きです。
CIMG8373 CIMG8375

お肉の入れ方

9月26日(月)
出しの中にお肉を入れるときのポイントについて今日はご紹介したいと思います。
給食室では、お肉は沸いた出しの中に入れます。熱い出し汁に入れることにより、お肉の旨みを閉じ込める効果がり、すぐに混ぜることにより、肉がかたまるのを防いでくれます。
お肉を入れるときは、釜のそばで、一人がお肉を勺に入れ、勺を持っている人が素早くほぐしていきます。
一度かたまると、ほぐれないので、この時点でしっかりほぐしておきます。
冷たい水の状態でお肉入れると、お汁がにごってしまうので、お湯の中に少しずつ丁寧に入れましょう!
20160926-1 20160926-2 20160926-3 20160926-4

ギリシャ神話

9月23日(金)
今日の給食のペンネとサラダに使っているオリーブオイル。オリーブオイルはオリーブの実を絞った油です。オリーブの木は、ギリシャ神話にも出てきます。ギリシャ神話の女神アテナは、「オリーブは暗闇を照らす光となり、痛みを和らげ、香り高く、そして、口にすれば貴重な食料になる」とし、オリーブは「聖なる木」として各都市に広がったそうです。
スーパーでも手軽に買えるオリーブオイルですが、こんな神話があったとは素敵ですね!
20160923-1 20160923-2 20160923-3

このページのトップに戻る