和歌山市立 中之島小学校

大量のさつま芋

1月29日(金)
今日の大学芋に使うさつま芋です。
20160129-1
すべて食べやすい大きさに切って、油で揚げてから、煮詰めたタレに絡めて、おいしく仕上げました。
20160129-2

和歌山の鯖

1月28日(木)
小学校で、県内産の魚を使い、子どもたちが地場産の食材を通して地域の自然や文化への理解と関心を深めてもらうためにと、県から「マサバ」という鯖をいただきました。鯖の臭みを抑えるために、青ネギと生姜の薬味を使って食べやすいように仕上げました。
20160128-1 20160128-2
一口メモ
鯖は、和歌山県で一番多く捕られている魚です。県内では昔から食べられてきましたが、傷みやすいため、長持ちするようにとさまざまな調理方法が生まれました。「なれずし」はその代表的なものです。

手作り凧を揚げました

1月27日(水)
1年生が、中之島公園で、手作り凧を揚げました。
走り回って揚げている子。空高く凧が揚がっている子。
CIMG6767 CIMG6768
親子ではなく先生と児童です。視線の先には凧が小さく見えています。
中には、糸が絡まって悲惨な状態の子もたくさんいました。写真は2枚選びましたが、どれもこれもほのぼのとした風景です。

ペンネの秘密

1月27日(水)
実は、ペンネには表面に細かい溝があるのです。この溝があることによって、ソースが絡みやすくなります。
20160127-1
今日はトマト味をベースにツナと野菜がたっぷり入ったソースを絡めた「ツナのペンネ」です。
20160127-2

学年発表集会(1・3年)

1月25日(月)
1年生
「たぬきの糸車」
教科書に載っている「たぬきの糸車」を1年生らしく、元気いっぱいに発表していました。
途中には、障子のすきまからたぬきの目が登場しました。
IMG_0385 IMG_0389 IMG_0390 IMG_0394

3年生
「はれときどきぶた」
3年生は、リコーダーなどの楽器を使った発表でした。
発表している子も、聞いている子も思わず笑顔になるような内容でした。
IMG_0397 IMG_0400 IMG_0401 IMG_0402

影絵鑑賞

1月26日(火)
本日1・2限、劇団影法師による影絵鑑賞を実施しました。
内容は、子どもたちにもなじみのある「スイミー」、「モチモチの木」、それから「このゆびとまれ」という劇団独自の出し物でした。
CIMG6722 CIMG6727 CIMG6737 CIMG6738 CIMG6742 CIMG6744 CIMG6749 CIMG6754 CIMG6757
とても上手に演じていました。

糸のような卵

1月26日(火)
卵に水溶き片栗粉を混ぜることによって、卵が糸のようにきれいにお汁の中で浮かびます。
20160126-1
調理の時は、一気に入れず、少しずつ流し入れていきます。
20160126-2

紀州のがめ煮

1月25日(月)
今日から1週間は、「給食週間」です。
がめ煮に使っている鶏肉は、和歌山産の「うめどり」です。「うめどり」とは、和歌山の梅酢エキスをえさに混ぜて育てた鶏です。
そもそも、がめ煮とは、筑前煮や炒り鶏のことで、九州地方では「がめ煮」と呼び、代表的な郷土料理となっているそうです。
20160125gameni

地産地消の献立

1月22日(金)
今日の給食に使っているキャベツとブロッコリー、白菜は、和歌山市内産の野菜です。
20160122-2 20160122-4 20160122-5
人気メニューの揚げパンは、一つ一つ調理員さんが揚げてくれました。
20160122 20160122-3

とふ粉を使った料理

1月21日(木)
和歌山県伊都地方の郷土料理「とふ粉」を使った煮物が給食に登場しました。
「とふ粉」とは、高野豆腐を小さく切ったときにできる粉のことです。
CIMG6720
これが、「とふ粉」です。
伊都地方の郷土料理、とふ粉の煮物は出汁がしみてはまってしまう味でした。
CIMG6721

このページのトップに戻る