和歌山市立 中之島小学校

特別支援教育

(1)目 標
・自立や社会参加に向けて、児童一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を引出し伸ばすことによって、生き生きとした学校生活を送ることができるように支援をする。
・特別支援学級の教育の充実に努め、児童の実態に応じた交流ができるようにする。

(2)努力点
・児童の障害及び発達の段階や特性等を十分考慮して、学習過程を編成する。
・より効果的な教育支援のあり方について考え、全職員で共通理解をする。
・入級児の子どもに対する全校児童の正しい理解と認識を深める。
・保護者への啓発に努める。
・他機関との連携を深める。
・随時、特別支援部会(校内委員会)を開く。
校長・教頭・特別支援教育部員・養護教諭・対象児学級の学級担任・担当教員より構成する。
支援を必要とする児童に対して、実態把握・対応策の検討をし、担任と連携して支援にあたる。
個別の教育支援計画と指導計画の作成をする。
保護者との連携の推進を検討する。
関連機関との連携も必要に応じ図る。

(3)就学指導委員会
・校長、教頭、教務、特別支援教育部、該当児担任、養護教諭より構成し、 必要に応じて学校医の協力を得る。
・一人一人児童のもつ課題を、日常生活のあらゆる実践の場を通して、正しく把握し適正な就学指導を行う。
・年間を通じて計画的に委員会を開き、継続的運営を図る。
・委員会はその目的を達成するため、次のことを行う。
ア.特別に教育的配慮の必要な児童の就学指導(判定)
特別支援学級入級該当児童のカルテ作り、生育歴、家族構成、家庭環境、個人検査、病歴、基本  的生活習慣、社会性、学習活動、友人関係、遊び、興味の持続性、運動等
イ.和歌山市就学指導委員会及び関係諸機関との連携による、適正な就学指導。
・委員会の判断に基づいてなされた指導が適切であったか適宜振り返る。

(4)ひまわり(特別支援)学級
○学級目標
「なかよく元気にがんばる子」
○指導目標
・日常生活に必要な基本的な生活習慣を身につける。
・思いやりをもち、協力し合うことにより、社会性を養う。
・何事にも進んで取り組み、最後までやろうとする態度を養う。
・生活経験を豊かにし、生活する力の基礎を養う。
・通常学級との交流を図り、友達との人間関係を深める。
・個々の発達段階に応じて、運動能力や基礎学力の向上を図る。
・指導内容については保護者の考えも反映させ、学校と家庭で一貫性を持って指導にあたる。
○児童数
・知的障害学級  4名(2年生 1名、4年生 1名、5年生 1名、6年生 1名)
・自閉症・情緒障害学級 2名(3年生 1名、6年生 1名  )           計6名

 

このページのトップに戻る