和歌山市立 加太小学校

加太っ子 虫キッズ その26 ケラ

よく「おけら」と呼ばれます。畑仕事をしていると、必ずと言っていいほど、土の中から出てきて、チョコチョコ動きます。普段は土の中に長いトンネルを掘り、その中で暮らしています。それで前足がシャベルのように大きく発達しています。夜になると、地面のどこからか少し低めで「じ~~~~~~~~~~~」という音が聞こえてくることがあります。恐らくそれはこの虫の鳴き声でしょう。昔の人はミミズが鳴いていると思っていたようですが、ミミズは鳴くことはありません。

こんな姿ですが、バッタやコオロギの仲間です。
こんな姿ですが、バッタやコオロギの仲間です。

このページのトップに戻る