和歌山市立 加太小学校

イカのあかちゃん 誕生

先日、保護者で漁師をされている方が、「イカの卵がとれたので、子どもに見せてやってほしい」と、わざわざ学校に持ってきてくださいました。その卵が先日から孵化をはじめ、ヨチヨチ歩きならぬ、ヨチヨチ泳ぎを始めています。まだ5ミリほどですが、大きくなる前に元の海にもどしてやりたいと思っています。子供は「この子、かわいいな」「この子、こっち見てるで」などと言いながら喜んで水槽を覗き込んでいます。

2人?並んで、こっちを見ています。かわいいですね。
2人?並んで、こっちを見ています。かわいいですね。

学校の草花だより その76 コモチマンネングサ

漢字で書けば「子持ち万年草」です。葉のわきから小さな芽を出すので「子持ち」、押し花にしようとして新聞紙に挟んで何日たっても乾燥せずに、時には芽を出すこともあるくらい元気な草なので「万年草」です。とにかくよく増えます。知らない間に隙間がこの草で埋まってしまいます。こんな草を見つけたら、葉のわきをよく観察してみてください。小さな子供が顔をのぞかせているかも知れませんよ。

花は黄色くてよく目立ちます。
花は黄色くてよく目立ちます。

学校の草花だより その75 ツボミオオバコ

昔は道の轍(わだち)に沿ってオオバコがたくさん生えていました。しかし、このオオバコは少し違います。全体に毛深くて、花が咲きません。それで「つぼみ」なのです。ここ2,30年の間に急速に増えてきました。乾いた日向の地面一面にびっしり生えているところもよく見かけます。学校でもオオバコはごくわずかになり、ツボミオオバコでいっぱいになっています。

運動場の周りにいっぱいはえています。
運動場の周りにいっぱいはえています。

おたんじょう日おめでとうの会

本年度から、児童会が中心となって「おたんじょう日おめでとうの会」を開催しています。この世に生まれてきたこと、家族のおかげで成長してきたこと、これからも社会で生きていくことなど多くのことに対する感謝と、自分が果たすべき責任を再認識し、自尊感情を持つことにつながればと思い企画しました。児童会が今月誕生日を迎えた子に「○○歳になって頑張ろうと思うことは何ですか」などと質問し、一人一人が夢や希望を述べ、最後に大きなバースデーケーキのろうそくの火を吹き消して終わります。誕生日はとても大切な日です。祝ってもらうための日ではなく、多くの人に感謝する日です。この集会は、毎月の最終週の月曜日の朝に開催しています。ご都合がつけば覗きに来てください。

オルガンの伴奏に合わせて「ハッピーバースデー」をみんなんで歌います。
オルガンの伴奏に合わせて「ハッピーバースデー」をみんなんで歌います。
みんなでろうそくの火を吹き消します。
みんなでろうそくの火を吹き消します。

学校の草花だより その74 ムラサキカタバミ

この草はずっと前に紹介したものと思い込んでいました。それほど普通に生えている草です。こんなに目立つ草なので、どなたもご覧になったことがあると思います。カタバミの中では大きな方で、葉の柄の中に強い筋があって、お互いに絡み合わせて相撲をして遊んだ思い出もおありかと思います。(ご存じない方はちょっとイメージしにくいかもしれませんね)

ピンク色なのに、紫とはおかしいですね。
ピンク色なのに、紫とはおかしいですね。

きいちゃんダンス

今年(2015年)は和歌山県で国体が開催されます。そのキャラクター「きいちゃん」のダンスがあります。これまで各学校で子供たちも練習してきました。本校でも(遅ればせながら)昨年から練習に取り組んでいます。運動会の種目にも取り入れ全校で頑張っています。指導者に教えに来ていただいています。運動会当日は地域や保護者の方々と一緒にダンスができればうれしいです。

すこし難し振付もありますが、頑張っています。
すこし難し振付もありますが、頑張っています。

学校の草花だより その72 キキョウソウ

残念ながら、この写真では花が咲いていませんが、たまにキキョウのようなきれいな紫色の花が咲きます。茎がまっすぐにのびて、それを取り巻くように葉が段々に着きます。日当たりのよい、少し乾いた所に生えます。よく似た名前の草に、ヒナギキョウ、ヒナキキョウソウがあります。後日、紹介できればと思っています。

花がなかったら、まっすぐに生えているただの草ですね。
花がなかったら、まっすぐに生えているただの草ですね。

このページのトップに戻る