和歌山市立 加太小学校

アガパンサス満開

6月も終わります。アジサイの花が少しずつ色あせてきます。そのかわりに校庭のアガパンサスの薄紫色というのか、水色というのか、その涼しげな花が満開です。毎年この時期になるときれいな花を咲かせてくれます。アガパンサスはアフリカ原産の植物で、明治時代にヨーロッパを経由して日本に持ち込まれたといわれています。その後も、日本名が付けられず、学名のままで呼ばれるようになりました。ちなみにアガパンサスとは「愛の花」という意味だそうです。

独特の色と姿が印象的な花です。

学校の草花だより その30 コマツヨイグサ

マツヨイグサは漢字では「待宵草」と書きます。竹下夢二は「宵待ち草」と言っていますね。どちらにしても「夜になるのを待っている草」という意味です。名前のようにこの草は暗くなると花を開きます。ですから朝にはしおれているのです。この写真はまだ日が高くなる前に撮りました。もっと背の高いオオマツヨイグサやメマツヨイグサなどとちがって、この草は地面に生え広がります。しおれると赤くなります。これらは「アカバナ科」という仲間です。それもうなづけますね。

きれいな黄色い花が見られるのも、あたりが明るくなるまでです。

第2回学習参観と、学校評価

6月24日(火)第2回の学習参観と学級懇談会がありました。その機会に学校評議員と学校関係者評価委員の方々にも授業参観をしていただきました。そのあとで、校長室でその方々にご意見やご指導をいただきました。本校の児童はみんな学習に真剣に取り組んでいること、先生方が工夫をこらした授業をしていること、などたくさんのお褒めの言葉をいただきました。学校評価とは昔はなかった考え方です。かつては、学校のことは学校で運営も教育も何もかもやってまいりましたが、外部の方々の意見も取り入れて、地域に開かれた学校にしていこうという考え方に基づき、このうような制度が取り入れられました。その方々の貴重なご意見を参考にしながら、よりよい学校運営に努めていきたいと思っています。

保護者に交じって、委員の方々も参観しました。

社会見学

6月19日、この日は5年生の社会見学でした。神戸港、メモリアルパーク、海洋博物館、毎日新聞社に行きました。神戸港では船に乗り、メモリアルパークでは地震のあとをそのまま残した様子を見ました。博物館ではゲームなど、新聞社では、新聞をつくる機械などを見ました。それぞれの見学はすごく楽しかったです。勉強になったので、みんなにも行ってほしいです。

ファンタジーにて操舵室の見学
ポートタワーがよく見えた。

 

放送委員5年生 T.R

学校の草花だより その29 エノコログサ

ネコと遊ぶときに使うこともあるので「猫じゃらし」とも言われますね。一見してどなたでもわかる姿です。ところで調べてみたところエノコロの語源は「いぬころ」すなわち、子犬なのだそうです。イヌのしっぽに似ていることによるのでしょう。同じ草に猫と犬に名前の由来をもつ面白い草ですね。写真はただのエノコログサですが、もうす秋が近づくとさらに大きく、穂が曲がって垂れるものが見られるようになります。それはアキノエノコログサという別の種類の草です。ほかにもキンエノコロ、この辺りではハマエノコロなど、いろいろなエノコログサがあります。

アキノエノコログサはもっと大きく垂れます。

学校の草花だより その28 クサイ

クサイという名前からは、どうしても「臭い」というイメージを持ってしまいますが、漢字で書けば「草藺」です。難しい字ですが藺は、畳に使う「いぐさ」の「い」のことです。草みたいに普通に生えるいぐさ、というぐらいの意味の名前でしょう。日当たりのいい踏みしめられたような土地によく生えますが、意識しないと気づかないですよね。

名前が悪いイメージをいだかせますね。

留学生との交流

6月13日に、和歌山大学から留学生が来てくれました。留学生は、ベトナム、中国、インドネシア、フランス、トルコ、タジキスタンなどの国から来てくれました。

教室で、いろいろ質問しました。「日本のどこがすきですか?」や「日本のアニメで何が好きですか?」と聞くと、ドラえもん、ジブリ、ポケモンなどこたえてくれました。日本のことがくわしくてうれしかったです。

私も,いろいろな国へ行ってみたいなと思いました。

 

 

放送委員6年生 I.M

スポーツテスト

6月12日に、全校児童で、スポーツテストを行いました。

6つの班に分かれて、ソフトボール・上体起こし・長座体前屈・立ち幅跳び・反復横とびをやりました。児童みんなは、一生けん命記録を出そうとがんばっていました。

1年生は、初めてなのに、中学年や高学年のお手本を見てすぐにできていたので、安心しました。

私にとっては、最後のスポーツテストだったので、今までの記録を抜こうと頑張りました。

放送委員長 6年生 K.S 

磯観察

6月11日水曜日に、磯観察がありました。加太小学校全校児童でいきました。

磯では、生き物を見たり、さわったり、つかまえたりしました。その中で、一番印象に残ったのは、三年生が一生けん命タコをつかまえようとしていた所です。

最後に、観察した生き物を海にかえしました。みんなが元気に生き物を観察できるかんきょうがあって、やっぱり加太はいいなと思いました。

観察の様子

放送委員5年生 B.Y

学校の草花だより その27 チガヤ

日当たりのいい砂地に一面に生える草です。穂がふわふわしていて、乾燥した日には、風でたくさんの綿毛が飛びます。「かや」とはススキみたいな細長い草の総称です。「ち」って何でしょうね。神社などで「茅の輪くぐり」がありますが、あの輪をこの草で作っているのでしょうか。何度かいただいたことがありますが、詳しくはわかりません。

乾燥すると、写真よりももっとフワフワになります。

このページのトップに戻る