和歌山市立 加太小学校

南海電鉄さんによる「電車の学習」

11月28日(木)、3時間目、1年生から3年生の児童36人は、電車のことを勉強しました。駅の仕組みや、駅員さんの仕事、鉄道を利用する時のマナーや注意、などなど小さな子にもわかるようにお話してくださいました。児童はどの子も真剣に耳を傾け、お話にうなづいたり、隣の子と小声で話したり、職員さんにしっかりと向き合い、真剣でした。あとの質問コーナーでは、たくさんの質問が飛び出し、一つ一つていねいに答えてくださいました。ここ、加太地区は、駅があるにもかかわらず、車での移動が主な生活パターンが定着している今、子どもたちは余り電車に乗ることがなく、電車に乗ることが非日常になりつつあります。でも、今日の学習で、電車に乗りたいと思った子も少なくなかったと思います。南海電鉄の皆様、ありがとうございました。

このページのトップに戻る